景観

更新:2015年03月20日

景観とは

景観とは02  景観とは01

"景観"とは、まち並みやたたずまいなど私たちが眺める「対象」をあらわす"景"という文字と、それらを眺める私たちの感覚をあらわす"観"という文字が組み合わされた言葉です。

私たちの目に写る「建物」「道路」「公園」「看板」、まちの中にある「電話ボックス」や「ベンチ」などによって構成される姿すべてが"景観"です。また、まちをとりまくまわりの「海」「山」「川」などの自然もまちを特徴づけるための"景観"の一要素です。さらには、普段の生活から感じるまちの雰囲気、文化の香り、歴史性など目に見えない五感で感じる印象も"景観"のひとつです。

このように幅広い範囲で"景観"をとらえ、私たちのふるさと「佐賀」をより美しく、より快適なまちにつくりあげ、いつまでも住みたいと願えるような、また訪れた人々が魅力を感じるような個性あるまちづくりを目指していくことが大切です。

すぐれた"景観"は、このまちに暮らしているすべてのみなさんの理解と協力によって形づくられるものであり、すばらしい"佐賀の景観"を次の世代へと引き継いでいくべき市民共有の財産でもあります。

このページに関するお問い合わせ

建設部 都市デザイン課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7387
メールアイコン このページの担当にメールを送る