交通事故”脱ワーストレベル”キャンペーン実施中

更新:2019年05月22日

平成30年中の佐賀市の交通事故発生状況は、県内ワーストを脱したものの依然として厳しい状況でした。

そこで引き続き「交通事故”脱ワーストレベル”キャンペーン」を実施しています。

市民総ぐるみで交通事故防止に取り組み、悲惨な交通事故を1件でも多く減らしましょう。

 

キャンペーン取組項目

(1)追突事故の防止

  1.  追突事故防止のための「みっつの3」運動の推進(詳しくはこちらから
  2. 「追突事故ゼロ 前をみよ作戦」の実施
    月1回、追突事故の多い国道の主要交差点に交通安全器材を掲げて立ち、車両へむけて啓発する。
    (実施日)4/24、5/22、6/19、7/24、8/21、9/25、10/23、11/20、12/25、1月~3月も実施予定

(2)自転車の街頭指導の強化

自転車利用ルールの周知徹底とマナー向上に向けた啓発を図る。(詳しくはこちらから

 

(3)高齢者事故対策の強化

  1. 運転免許証の自主返納を推進する。
  2. 反射材の着用などの交通安全行動を啓発する。

(4)地域等の交通安全対策の強化

委嘱する交通安全キャンパスリーダーや交通安全モデル地区交通安全指導者の役割、活動内容の整理、強化を図る。

※5月19日、佐賀北警察署において委嘱状交付式を開催しました。

 CIMG2230 CIMG2260 CIMG2219

高齢者交通安全モデル地区交通安全指導者

・北川副校区老人クラブ 8名

・鍋島校区老人クラブ 13名

交通安全キャンパスリーダー

・佐賀大学 3名

・佐賀女子短期大学 6名

・西九州大学、西九州大学短期大学部 4名

(5)交通安全日(佐賀県制定)の周知

毎月1日:交通安全日

毎月10日:子どもと高齢者の交通安全の日

毎月20日:県民交通安全の日(自転車のルール遵守とマナーアップの日)

毎月25日:飲酒運転撲滅の日

 

実施内容

追突事故ゼロ 前をみよ作戦(毎月)

時間

7:45~8:15

場所

卸本町交差点、北川副小学校西交差点

参加団体

佐賀南警察署、佐賀北警察署、佐賀市交通安全指導員会、佐賀市交通対策協議会、佐賀市、高齢者交通安全モデル地区

内容

交通事故多発路線である国道34号等の主要交差点にて、参加者が交通安全器材を持って立ち、車両へ追突事故防止を呼びかけました。

30脱ワースト1(5) 30脱ワースト1(6)

30脱ワースト1(7) 30脱ワースト1(8)

※写真は昨年のもの

交通事故発生状況

・佐賀県内の交通事故発生状況⇒「交通安全ニュース」(佐賀県ホームページへのリンク)

※交通安全ニュース中の「市町別の交通事故発生状況」で、佐賀市の状況をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活安全課 交通安全・防犯係
〒840-0801佐賀市駅前中央一丁目8番32号 iスクエアビル1階
電話:0952-40-7012 ファックス:0952-40-2050
メールアイコン このページの担当にメールを送る