Language

文字の大きさ

背景色

建設工事請負契約(変更)

更新:2021年10月23日

建設工事の変更請負契約にあたっては、次のとおり提出してください。

※令和2年10月から、契約関係書類を改正しています。

押印の廃止について(令和3年7月1日以降使用する書類から適用)

下記の書類について押印に関する取扱いを見直し、押印の廃止を行いました。

  • 変更工程表

1. 建設工事変更請負契約書

契約書(様式第3号)と解体工事等明細書を袋とじにして、2部提出してください。

※「5 工事を施工しない日 工事を施工しない時間帯」

 特記仕様書又は現場説明書に工事を施工しない日及び時間帯の定めがあるときは記載してください。

解体工事等明細書は、甲、乙、丙のうち該当する工事のものを必ず綴じこんでください。

※ 請書による契約を変更するときは…

当初請書により契約していた場合は、変更請書を提出してください。この場合、解体工事等明細書は必要ありません。また、提出部数は1部です。

2. 変更工程表

変更前の工程は黒実線で記入し、変更後の工程は下段に黒点線もしくは赤実線で記入してください。
工期の変更がない場合も必ず提出してください。

3. 契約保証金

原契約の締結時に金融機関の保証書や保険会社の履行保証保険等を提出している場合で、工期の変更(延長)があるときは、契約保証の内容変更が必要です。保証期間および債務履行請求期限を延長し、変更した保証書または履行保証保険等を提出してください。
また、請負金額に増減があるときは、契約保証額の増減を求める場合があります。

契約書、その他の様式については、関連ファイルをご覧ください。
また、建設工事変更請負契約書の綴じ込み方については、関連図表をご覧ください。

関連図表

工事請負契約

関連ファイル

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

総務部 契約監理課 契約係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7152 ファックス:0952-26-6422
メールアイコン このページの担当にメールを送る