Language

文字の大きさ

背景色

人権コラム(平成29年10月15日号)

更新:2017年09月26日

あなたの人権 わたしの人権

ポスター10月号

平成28年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品

(中学生の部)

「高齢化社会と高齢者の人権」

最近、「高齢化社会」や「高齢者の人権問題」の話が大変気になります。それは、私自身が団塊の世代の最後の年代にあたり、高齢者の仲間入りをしたからです。高齢化社会とは、総人口に対する65歳以上の人口の比率が7%以上の社会を言い、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と言われます。平成29年版高齢社会白書によれば、日本の高齢化率は27.3%で、4人に1人が高齢者という超高齢社会となっています。こうした状況の中、高齢者の人権問題はどのようなものがあるでしょうか。「佐賀市人権・同和問題に関する市民意識調査報告書(平成28年3月)」から、『悪徳商法などの被害者になること。経済的な自立が困難なこと。虐待を受けること。働く場所が少ないこと』が特に問題であると考えられます。

このような問題を解決するためには、自分もやがては高齢者になるということを認識し、自らの問題としてとらえることが重要です。誰でも高齢になると運動能力や判断力が低下し介護や支援が必要になることを理解して、高齢者をいたわり大切にする心を育んで欲しいと思います。「寿命」や「長寿」の言葉に象徴されるように「長命を保つ」ことは、喜ぶべきこと、幸せなことです。高齢者の持つ豊かな知識と経験が生かされる社会であり、生きがいを持って生活できる偏見や差別のない社会を実現したいものです。

(社会同和教育指導員 大島 信行(おおしま のぶゆき))
 

毎月11日は人権を考える日です

 

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係
〒849-0919 佐賀市兵庫北三丁目8番36号ほほえみ館
電話:0952-40-7367 ファックス:0952-34-4549
メールアイコン このページの担当にメールを送る