Language

文字の大きさ

背景色

人権コラム(平成25年12月15日号)

更新:2015年02月25日

平成24年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品です

平成24年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品

あなたの人権 わたしの人権

「一人ひとりの笑顔広がるまちに」

去る12月3日~9日は「障害者週間」でした。そこで、あらためて障がい者の人権について考えてみましょう。
身体障がい者用の駐車場がなぜ他と比べて広いのかご存じですか?それは、車イス利用者が車から乗り降りするときにドアを全開にできるスペースを確保するためです。しかし、この駐車場を障がいのない人が利用していることがあるようです。これでは身体障がい者用駐車スペースの意味がありません。
また、歩道には視覚障がい者を誘導するために点字ブロックが敷かれていますが、この上に自転車やバイクが停められていることがあります。視覚障がいのある人にとってはとても危険です。これ以外にも、私たちの何気ない行動で障がいのある人の行動を阻害していることはないでしょうか。
障がいのある人もない人も、お互いに人格と個性を尊重し、支え合うことで、誰もが同じように暮らせる社会をつくること、それが「ノーマライゼーション」という考え方です。
しかし、現実には障がいのある人にとってさまざまなバリア(障壁)があります。
私は現在、何か自分にできることはないかと考え、手話を学んでいます。これもバリアをなくすために私たちができるひとつの方法ではないでしょうか。普段から障がいのある人の視点に立って考え、行動することが、共に生きる「一人ひとりの笑顔広がるまち」の実現につながると思っています。

(社会同和教育指導員 内田正俊)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係
〒849-0919 佐賀市兵庫北三丁目8番36号ほほえみ館
電話:0952-40-7367 ファックス:0952-34-4549
メールアイコン このページの担当にメールを送る