「アジア湿地シンポジウム2017」が佐賀市で開催されます

更新:2017年07月31日

アジア湿地シンポジウム(AWS)とは

アジア湿地シンポジウムは、湿地の管理に携わるさまざまな国、地方政府、NGO、科学者、民間セクター、地域の人々に情報共有や議論の場を提供します。

 

開催概要

アジア湿地シンポジウム(AWS)は、政策立案者、湿地管理者、NGO、資金供与機関、保全推進者、学者、研究者、実践者、学生など多様なグループが、アジアの湿地の保全、持続可能な管理、賢明な利用に関するお互いの知識、知恵、実践的な経験を共有し、学ぶ機会を提供する場(フォーラム)です。

第1回会議が1992年10月に大津市と釧路市で開催されて以来、AWSはマレーシア、インド、ベトナム、中国、カンボジアで開催され、今回は第8回目となります。

2017年は第1回AWSから25年の節目にあたります。この機会に、過去四半世紀にわたるアジアの湿地の保全と賢明な利用の歩みを見直し、現状を見極め、そしてこれからの四半世紀、さらにその後の湿地生態系の持続可能な管理をどのように達成するかについて、活発な議論が交わされることを期待します。

 

アジア湿地シンポジウム2017(AWS2017)

●日程 :2017年(平成29年)11月7日(火)~11日(土)

●会場 :ホテルグランデはがくれ(佐賀市天神二丁目1番36号)ほか

●主催 :環境省、日本国際湿地保全連合、ラムサールセンター、日本湿地学会

●共催 :ラムサール条約東アジア地域センター、佐賀県、佐賀市、鹿島市、荒尾市、国際湖沼環境委員会、ウェットランド・リンク・インターナショナル・アジア

●対象 :アジアの湿地の保全と賢明な利用に関わる政府、地方自治体、NGO、科学者、学生、民間企業、メディア、市民の方々など

●プログラム :11月7日(火)...開会式・全体会議

       11月8日(水)...セッション(口頭・ポスター)

       11月9日(木)...現地視察

       11月10日(金)...セッション(口頭・ポスター)

       11月11日(土)...公開シンポジウム(佐賀市主催)

 

アジア湿地シンポジウム2017 ホームページ

詳細は専用ホームページをご覧ください。

アジア湿地シンポジウム2017 AWS Saga 2017

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 自然環境係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁4階
電話:0952-40-7202 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る