維新SAGAこぼれ話(大隈重信)

更新:2017年08月10日

維新SAGAこぼれ話タイトル

維新SAGAこぼれ話(大隈1)

維新SAGAこぼれ話(大隈2)

維新SAGAこぼれ話(大隈3)

維新SAGAこぼれ話(大隈4)

大隈重信

大隈重信は2度総理大臣を務め、早稲田大学の創設者としても有名です。

生家は水ヶ江の大隈重信記念館の隣に現在も大切に保存されています。
子どものころの名前は「八太郎」。勉強中に眠くなると頭をぶつけて眠気を覚ましたと言われる突き出た梁(通称:ごっつん柱、漫画2コマ目)や、外に気を取られないよう、高い位置に設けられた窓も当時のまま残されています。

2階の勉強部屋は、普段は公開されていませんが、毎月5、15、25日(5の付く日)は「ごっつんの日」として特別に見ることができるので、故郷の偉人にあやかって、頭をぶつけてみてはいかがでしょうか?

リンク

大隈重信記念館

※維新SAGAこぼれ話は、市報さが15日号で連載中。(大隈重信:市報さが7月15日号

このページに関するお問い合わせ

市長事務部局 企画調整部 明治維新150年事業推進室
840-8501 佐賀市栄町1番1号
電話:0952-40-7025
メールアイコン このページの担当にメールを送る