精神障害者保健福祉手帳

更新:2016年02月 8日

精神障害者保健福祉手帳について

精神障害者保健福祉手帳とは、一定の精神障害の状態にあることを証するもので、精神障がい者の生活を支え社会参加を手助けするためのものです。(初診日から6か月以上経過した方が申請できます。)

1.申請に必要なもの(申請方法が3通りあります)

診断書で申請

  1. 診断書〜A3サイズ(所定の様式)
  2. 顔写真1枚(縦4センチ×横3センチ、1年以内に撮影したもの)
  3. 印鑑(認印で可)
  4. マイナンバー(個人番号)の分かる書類

※受付の際には「身元確認」が必要です。

<1点提示で確認がとれるもの> (顔写真あり)
個人番号カード、身体・療育・精神保健福祉手帳のうちいずれか、運転免許証、パスポートなど
<2点提示で確認がとれるもの>
健康保険被保険者証、後期高齢医療被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、障がい福祉サービス受給者証、自立支援医療受給者証など

 

年金証書で申請

  1. 年金証書(H9.1.1以降のもの)
    ※精神障がいを事由とするもの
  2. 年金振込通知書、年金支払通知書、年金振込通帳のいずれか
    ※直近のものに限ります
  3. 顔写真1枚(縦4センチ×横3センチ、1年以内に撮影したもの)
  4. 印鑑(認印で可)
  5. マイナンバー(個人番号)の分かる書類

※受付の際には「身元確認」が必要です。

<1点提示で確認がとれるもの> (顔写真あり)
個人番号カード、身体・療育・精神保健福祉手帳のうちいずれか、運転免許証、パスポートなど
<2点提示で確認がとれるもの>
健康保険被保険者証、後期高齢医療被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、障がい福祉サービス受給者証、自立支援医療受給者証など

特別障害給付金受給資格証等で申請

  1. 特別障害給付金受給資格証または特別障害給付金支給決定通知書
    ※精神障がいを支給事由としているもの
  2. 国庫金振込通知書、国庫金送金通知書、年金振込通帳のいずれか
    ※直近のものに限ります
  3. 顔写真1枚(縦4センチ×横3センチ、1年以内に撮影したもの)
  4. 印鑑(認印で可)
  5. マイナンバー(個人番号)の分かる書類

※受付の際には「身元確認」が必要です。

<1点提示で確認がとれるもの> (顔写真あり)
個人番号カード、身体・療育・精神保健福祉手帳のうちいずれか、運転免許証、パスポートなど
<2点提示で確認がとれるもの>
健康保険被保険者証、後期高齢医療被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、障がい福祉サービス受給者証、自立支援医療受給者証など

2.その他 次に該当する場合は必ず届け出をしてください。

  1. 住所の変更
  2. 氏名の変更
  3. 死亡
  4. 手帳の紛失、破損
  5. 有効期間の到来

3.注意事項

  1. 手帳の有効期限は2年です。更新の手続きが必要です。更新する場合は、有効期限の3か月前から申請できます。
  2. 申請の認定の可否をお知らせするまでには、2か月から3か月かかります。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課 生活支援一係・二係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7255 ファックス:0952-40-7379
メールアイコン このページの担当にメールを送る