Language

文字の大きさ

背景色

【給付】医療費と介護サービス費が高額になったとき〔後期高齢者〕

更新:2021年03月26日

高額介護合算療養費制度

医療と介護の両方のサービスを利用している世帯の負担を軽減する制度です。
世帯内の医療保険加入者全員が、1年間(毎年8月~翌年7月)に支払った医療費と介護保険の自己負担額を合計し、基準額(下の表参照)を超えた場合に、その超えた金額を支給します。

  • 同世帯であっても加入している医療保険が異なる場合は、別々に計算します。
  • 高額療養費や高額介護のサービス費の支給を受けている人は、それらを差し引いた自己負担額で計算します。
  • 医療費または介護サービス費の自己負担額のいずれかが0円の場合、支給対象となりません。
  • 食費・居住費・差額ベッド代などは合算対象外です。
  • 算定した支給額が500円以下の場合、支給の対象となりません。

支給額を計算する際の基準額(一年間の自己負担限度額)

平成30年7月診療分まで

所得区分 後期高齢者医療費+介護費
現役並み所得者     67万円
一般 56万円
区分II 31万円
区分I 19万円

 平成30年8月診療分から

所得区分 後期高齢者医療費+介護費
現役並み所得者 III 212万円
現役並み所得者 II 141万円
現役並み所得者 I 67万円
一般 56万円
区分II 31万円
区分I 19万円

所得区分の詳細については、こちらからご確認ください。
 

申請方法

支給が見込まれる方には、佐賀県後期高齢者広域連合より通知が発送されますので、本庁の窓口で申請をしてください。
【申請に必要なもの】

  • 同封の申請書類
  • 申請者の身分証書(代理申請の場合は、代理の人の身分証明書が必要です。)
  • 申請者の印鑑(認印可、朱肉を必要とするもの)
  • 被保険者名義の通帳番号がわかるもの (名義人が被保険者以外の場合は委任状の欄に記入・押印が必要です)

 

関連リンク

国民健康保険の医療費と介護サービス費が高額になったとき

佐賀県後期高齢者広域連合ホームページ

佐賀中部広域連合ホームページ

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保険年金課 後期高齢者医療係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7274 ファックス:0952-40-7390
メールアイコン このページの担当にメールを送る