交通事故“脱ワースト1”キャンペーン実施中!

更新:2017年06月15日

交通事故“脱ワースト1”キャンペーンとは

目的

佐賀県は、人口10万人当たりの人身交通事故発生件数が平成24年以降5年連続全国ワースト1となっています。

特に佐賀市において、平成28年中は県内の人身交通事故7,783件のうち約35%を占める2,722件の交通事故が発生しており、佐賀市での事故件数の減少がワースト1脱却の鍵を握っています。

そのため、市民一人ひとりが自分自身のこととして交通安全意識を高め、佐賀市民総ぐるみで交通事故を減らすことができるよう取り組みを進めます。

期間

平成29年5月24日(水)から 平成30年3月31日(土)

主催

佐賀市交通対策協議会・佐賀南警察署・佐賀北警察署・佐賀市

取組項目

(1)市民総ぐるみ行動(重点対策)

追突事故の防止!
追突事故防止のための「みっつの3」運動を推進
  • ゆとり運転~3分前の出発
  • 3秒間の車間距離
  • 3秒・30メートルルールの徹底

※追突事故防止のための「みっつの3」運動について

「追突事故ゼロ 前をみよ作戦」の強化

警察、交通対策協議会とともに、追突事故多発路線である国道34号線に加え、人身交通事故多発路線である国道208号線でも積極的な街頭指導を実施します。

追突事故防止のためのスローガンを募集

追突事故防止のため、佐賀市だけのスローガンを募集中です!(詳しくはこちらから)

自転車のルール遵守とマナーアップ!

自転車利用ルールの周知徹底とマナー向上にむけた啓発を図るため、自転車の街頭指導を強化します。

(2)交通事故防止のための取締りの強化

交通事故に直結するケースを重点的に強化します。

(3)「交通安全市民大会」の開催

平成29年9月2日(土) ※予定

(4)交通事故多発地帯での集中的な交通安全施設整備

(5)交通安全モデル地区指定

高齢者交通安全モデル地区を佐賀南(北)警察署管内でそれぞれ指定し、委嘱した交通安全指導者を中心に地区内の交通安全意識の向上を図り、交通事故防止をすすめます。

佐賀南地区:新栄地区
佐賀北地区:兵庫地区

佐賀市における人身交通事故発生状況等(事故類型・国道路線別・原因別:平成28年中)

佐賀市内の交通事故発生状況について(H28(1))佐賀市内の交通事故発生状況について(H28(2))

スタート式を開催しました!(ご報告)

平成29年5月24日(水)に、「交通事故“脱ワースト1”キャンペーン」のスタート式を開催しました。
スタート式では、高齢者交通安全モデル地区で活動していただく交通安全指導者の委嘱を行ったあと、高齢者交通安全モデル地区と安全運転管理モデル事業所の代表者が交通安全宣言を行いました。
式後には、庁舎前で出発式を行い、追突事故・人身事故多発路線である国道34号線、208号線で街頭指導を行いました。

主な参加団体

佐賀市交通対策協議会構成団体・佐賀市交通安全指導員会・佐賀市

 

H29出発式(生活安全課)

 

 

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活安全課 交通安全・防犯係
〒840-0801佐賀市駅前中央一丁目8番32号 iスクエアビル1階
電話:0952-40-7012 ファックス:0952-40-2050
メールアイコン このページの担当にメールを送る