佐賀城だより 第2号

更新:2015年02月27日

「佐嘉小城内絵図」(財)鍋島報效会所蔵 「寛永御城并小路町図」(財)鍋島報效会所蔵

5重の天守が描かれた

「佐嘉小城内絵図」(財)

鍋島報效会所蔵

4重の天守が描かれた

「寛永御城并小路町図」

(財)鍋島報效会所蔵

佐賀城天守の謎…!?

佐賀城の天守は享保(きょうほう)11年(1726)の火災で焼失し、それ以降再建されることはなく、現在では天守台やそれに続く付櫓(つけやぐら)の石垣が残るだけとなっています。

ただ、財団法人鍋島報效会(ざいだんほうじんなべしまほうこうかい)に所蔵されている絵図の中に、天守が描かれたものが2点あり、往時の天守の姿をある程度窺(うかが)い知ることができます。

今回は、この2点の絵図に描かれた天守を見比べてみたいと思います。

左側は、「佐嘉小城内絵図(さがしょうじょうないえず)」(慶長(けいちょう)年間 1596~1614)に描かれた天守です。この絵図では5重の天守が描かれています。天守の脇には平屋の付櫓(つけやぐら)が続いていて、そこの石垣は現在の鍵型(かぎがた)状ではなくL字状をしているように見えます。

右側は、「寛永御城并小路町図(かんえいおしろならびにこうじまちず)」(寛永(かんえい)3年 1626)に描かれた天守です。この絵図に描かれた天守は4重で、その脇には部分的に二階建ての付櫓(つけやぐら)が続いています。付櫓(つけやぐら)部分の石垣形状についてははっきりしませんが、「佐嘉小城内絵図(さがしょうじょうないえず)」に描かれた天守や付櫓(つけやぐら)とは明らかに形が違います。

同じものを見て描かれたはすですが、なぜこのようなことになったのか理由はまだ分かっていません。

佐賀城の天守は、福岡藩の黒田如水(くろだじょすい)(孝高(よしたか))から提供された小倉城(天守:4重5階)の設計図に基づいて造られ、慶長(けいちょう)14年(1609)に完成したとされています(「元茂公御年譜(もとしげこうごねんぷ)」)。

また、正保(しょうほう)4年(1647)の「肥前国佐賀城覚書(ひぜんこくさがじょうおぼえがき)」(「有田均家御書類写(ありたひとしけおんしょるいうつし)」)には「戌亥(いぬい)ノ方ニ天守有リ、五階土台石垣五間」と書かれているだけで、何重であったのかは判然としません。

今年度は、昨年に引き続き佐賀県教育委員会文化財課と協力しながら、天守台上面の全面調査を行う予定です。また、今年度からは佐賀城関係の文献調査も本格的に開始しました。今後の調査の進展が楽しみです。

みなさんは、この2点の絵図を見てどのようなことをお感じになられるでしょうか。

連絡先

佐賀市教育委員会文化振興課文化財係

〒840-0811

佐賀市大財3-11-21

TEL0952-40-7368(直通)

FAX0952-26-7378

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化振興課 文化財一係・二係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館2階
電話:0952-40-7368 ファックス:0952-26-7378
メールアイコン このページの担当にメールを送る