ひがしみょう通信 第8号

更新:2015年02月27日

-東名遺跡に関する情報発信-

東名遺跡から見つかった犬骨の調査をしました!!

東名遺跡出土犬骨(約7,000年前・縄文時代早期)は、国内最古として知られる夏島貝塚(神奈川県)に次いで古く、また保存状態が良く、形質的特徴の詳細が観察できる資料としては国内最古です。平成16~19年の調査で、第1・2貝塚から頭蓋骨、下顎骨、脛骨など107点が出土し、動物骨の中では、ニホンジカ・イノシシに次いで多く、狩猟の伴侶として飼育されていたものと推定されています。

今回、東名遺跡と年代的に近い上黒岩岩陰遺跡(愛媛県)の犬骨が発見され、形態学、年代学、遺伝学、骨化学にまたがる総合的な共同研究(研究代表者:慶応義塾大学 佐藤孝雄教授)が開始されるところとなり、その比較資料として東名遺跡出土犬骨を提供し、形質・系統・用途・飼育形態など、縄文早期犬の総合的な調査・研究を依頼しました。以下、その結果について概要を報告します。

【形質】 縄文犬の中では大きな部類に属し、体高43~47センチメートル前後と推定。上黒岩岩陰の犬骨と合わせて、縄文犬の大きさのバリエーションが早期末から前期初頭までに出現していたことが確かめられました。また、前臼歯に生前失歯が認められるものがあり、猟犬として獲物の攻撃・捕獲に当たらされていたものと考えられます。

【DNA解析】 現生の柴犬、秋田犬、紀州犬、琉球犬に認められる遺伝子の組み合わせが確認され、今日天然記念物にも指定されている列島在来犬種の遺伝系統が約7,000年前まで遡れることが分かりました。

【食性解析】 上黒岩岩陰の犬骨は、同遺跡出土の人骨と比較的近い窒素・炭素安定同位体比の値を示したことから、人の食べ残しを与えられていた可能性が高く、一方東名の犬骨の安定同位体比には多様性がみられ、縄文犬でも個体により食事の内容が一様でなかったことが分かりました。

最古の家畜であるイヌは、系統、形質、用途、飼育形態とも多様で、出土骨からそれらを調べるには、総合的な共同研究が必要です。今回の調査結果は、そうした共同研究がほとんど行われていなかったわが国において画期的な事例となりました。

なお、この調査成果については、平成25年10月12日に開催する東名シンポジウム(詳細は下記)において発表されます。

島根・山梨県で東名遺跡の展示会が開催中!!

今回、島根県立古代出雲歴史博物館と山梨県立考古博物館に、東名遺跡から出土した日本最古級の遺物群を大量に貸し出し、企画展で展示公開されています!!

10・11月を中心に開催されていますので、お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。

詳しくは、各博物館のホームページをご覧ください。

「島根県立古代出雲歴史博物館」⇒http://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=206(別ウィンドウが開きます)

「山梨県立考古博物館」⇒http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/special/special2013.html(別ウィンドウが開きます)

東名シンポジウムを開催します!!

東名シンポジウム「貝と骨からわかる縄文人の素顔-貝塚に残されたもの-」を下記日程で開催します。

今回は東名遺跡の特徴の一つである「貝塚」にスポットをあて、貝塚に残されたさまざまなものから見えてくる縄文人の素顔を解き明かします。

【日時】平成25年10月12日(土)13:00~17:00(受付12:30~)

【場所】佐賀県立美術館ホール(佐賀市城内一丁目15-23)

 

東名遺跡から見つかった犬骨

東名遺跡から見つかった犬骨 東名遺跡から見つかった保存状態の良い犬の頭蓋骨です。今回、これら頭部の骨を中心に調査・分析を行いました。当時の犬は、今の柴犬くらいの大きさだったようです。

展示のようす1(島根県立古代出雲歴史博物館)

展示のようす1(島根県立古代出雲歴史博物館) 東名遺跡から見つかった編みかごなどの大型の木製品などが展示されています。

展示のようす2(山梨県立考古博物館)

展示のようす2(山梨県立考古博物館) 東名遺跡から見つかった編みかごが展示されています。複数折り重なって見つかったものなども展示されており、迫力満点です。復元品もあり、同時のかごのイメージがしやすい展示になっています。

展示のようす3(山梨県立考古博物館)

展示のようす3(山梨県立考古博物館) 東名遺跡で見つかった鹿角製の装身具や貝製のアクセサリーも展示されています。

展示のようす4(山梨県立考古博物館)

展示のようす4(山梨県立考古博物館) 東名遺跡で見つかった木製容器や竪櫛などが展示されています。

関連ファイル

犬骨調査結果PDF ファイル(s37982_20131004062148.pdf:379.0KB)

関連リンク

ひがしみょう通信 第7号

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化振興課 文化財一係・二係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館2階
電話:0952-40-7368 ファックス:0952-26-7378
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード