佐賀県無形重要文化財

更新:2015年03月24日

佐賀県重要無形文化財の紹介です

 

名尾の手漉き和紙

作業風景

所在地 佐賀市大和町名尾字原 寺崎正利・谷口進

指定年月日 昭和57年3月19日

名尾の手漉き和紙は元禄年間(1688~1704)に納富由助が山間部に耕地が少なく、農民の生活が苦しいをみて、筑後溝口村から習い伝えたといわれています。名尾和紙の特徴は、原料に「カジノキ」を使うところにあります。カジノキは繊維が長く強靱で珍重されています

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化振興課 文化財一係・二係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館2階
電話:0952-40-7368 ファックス:0952-26-7378
メールアイコン このページの担当にメールを送る