佐賀市出身の宇都宮直高さんが佐賀市プロモーション大使に就任しました。

更新:2017年03月17日

秀島市長から宇都宮さんに佐賀市プロモーション大使の委嘱状を手渡しました。

俳優・歌手として活躍する宇都宮直高さんが、5人めの佐賀市プロモーション大使に就任しました。宇都宮さんは、佐賀県立致遠館高校を卒業後、東京藝術大学に進学、在学中からオペラやミュージカルに多数出演し、劇団四季のミュージカル『ライオンキング』の主役=シンバ役で知られています。

佐賀市プロモーション大使について

佐賀市プロモーション大使は、佐賀市出身者、またはゆかりのある著名人を通じて、市の歴史、文化、自然、物産等の魅力を広く発信し、佐賀市の認知度及びイメージアップを図るための制度です。

オリジナル曲『君と僕のふるさと』を歌う宇都宮直高さん。

宇都宮直高さんに、5人目の佐賀市プロモーション大使に就任いただくこととなり、平成29年3月15日(水)、委嘱式を佐賀バルーンミュージアム(佐賀市松原2丁目 2-27)にて行いました。

宇都宮直高さんプロフィールと就任コメント

宇都宮さんは、佐賀市の鍋島中学校時代に合唱部で活躍し、全国優勝を経験されました。致遠館高校に進学後も音楽を続け、東京藝術大学声楽科に進学すると、在学中からオペラやミュージカルに多数出演。劇団四季の『ライオンキング』シンバ役を好演し、歌手・俳優としてのみならず、ボイストレーニングスクール『U musicroom』を主宰し、音楽講師として活動の幅を広げています。

佐賀市プロモーション大使の委嘱式で宇都宮さんは、「音楽の道に進むきっかけをくれたのはふるさと=佐賀。高校卒業とともに佐賀を離れてしまったので、そのときは気づかなかった佐賀の魅力を発見していきながら佐賀の魅力を伝えていきたいと思います」と語ってくれました。

佐賀市プロモーション大使の名刺を手にした宇都宮直高さん。

佐賀市プロモーション大使の名刺について

大使の名刺には、市内各地の美しい風景を掲載し、佐賀市の魅力を紹介しています。

大使の名刺には、市内各地の美しい風景を掲載し、佐賀市の魅力を紹介しています。

佐賀市北部・富士町の水田

温暖な気候とおいしい水に恵まれた佐賀市は米どころ。人気の「さがびより」のほか、佐賀酒の原料となる酒米もたわわに実ります。

筑後川昇開橋 (諸富町)

国指定重要文化財・機械遺産。橋げたが1日8回上昇し、30分間だけ通行できる昇開式可動橋。全長約507m。花火大会は夏の風物詩。

佐賀市南部・有明海の海苔ひび

13年連続生産量日本一を誇る佐賀海苔の養殖場を上空から見た様子。有明海の干満差と豊富な栄養塩で美味しい佐賀海苔ができる。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

毎年11月上旬に嘉瀬川河川敷で開催されるアジア最大の熱気球大会。2016佐賀熱気球世界選手権には国内外から187機が集結した。

東よか干潟に飛来するヘラサギ(東与賀町)

ラムサール条約湿地に登録された佐賀市南部の東よか干潟は、クロツラヘラサギなどの絶滅危惧種を含む多数の野鳥が飛来する。

写真撮影:水田秀樹 Hideki Mizuta

1986年生まれ。佐賀県神埼市出身。九州大学大学院修了後、フィリピン・セブ島での語学留学を経て、2014年2月よりカメラ片手に世界一周の旅に出発。帰国後、アーティスティックな風景写真など、佐賀を拠点に活躍中。[受賞歴]2013年JTB九州フォトコンテスト感動!九州100選 佳作、2015年National Geographic Photo Contest 奨励賞、2016年Prix de la Photographie Paris (Px3) 佳作、2016年International Photography Award 佳作(2作品)

プロモーション大使が語る「MY SAGA」

佐賀市プロモーション大使の就任インタビューや佐賀の思い出などは、ウェブマガジン「SAGA MAGA」のプロモーション大使が語る「MY SAGA」コーナーでお楽しみいただけます。

佐賀市プロモーション大使就任記念特産品について

佐賀市プロモーション大使就任の記念に贈られた佐賀市の特産品。

大使就任の記念に、「佐賀海苔®有明海一番」「“Soigi ”T-SHIRTS(SAGA T-SHIRTS MARKET)」「キワコレクション三角トレイ(諸富家具レグナテック)」「佐賀銘菓めぐりの恵比須散歩スタンプチケット土産4点セット」を贈呈しました。

佐賀海苔(R)有明海一番

日本一の生産量を誇る「佐賀海苔(R)」のうち、一番摘みの選び抜かれた逸品。「うま味のもととなるタンパク質含有量50%以上」「香りレベル“優” 以上」「口どけ食感測定値45回以内のやわらかさ」「色・ツヤ・形の美しいもの」「ひと網300枚以内の厳選摘み」「育成記録により素性が明らかなもの」という厳しい基準をクリアしています。

【お問合せ】JF佐賀 有明海直販所まえうみ

〒840-0033 佐賀市光2-819-1 TEL:0952-20-1200

“Soigi ”T-SHIRTS(SAGA T-SHITS MARKET)

「それではまた」 「そうであるならば」という意味の佐賀弁を胸にプリントしたTシャツ。佐賀のクリエイターが、佐賀をテーマにデザインした「SAGA T-SHIRTS MARKET」の人気デザインのひとつです。佐賀工房バルーンミュージアム店のほか、インターネット通販、観光案内所、佐賀県内各地で開催されるお祭りなどでも販売しています。

【お問合せ】佐賀工房 バルーンミュージアム店

〒840-0831 佐賀市松原2丁目 2-27 TEL:0952-37-0007

キワコレクション三角トレイ (諸富家具のレグナテック)

佐賀市南部の諸富町の地場産業=諸富家具は、伝統をいかしながら、時代のニーズに合わせたものづくりで愛されています。「レグナテック」は、木の良さを生かした高品質な家具を製造・販売しており、端材を利用したモダンなデザインの小物も好評発売中です。お菓子を乗せたり、アクセサリーや鍵を入れたり、いろいろな使い方ができる三角トレイは人気アイテムのひとつです。

【お問合せ】レグナテック株式会社

〒840-2106 佐賀市諸富町山領266-1 TEL:0952-47-6111

佐賀銘菓めぐりの恵比須散歩

老舗菓子店が立ち並ぶ佐賀市の中央大通り。その数日本一を誇る恵比須さんを愛でながら、佐賀銘菓(八頭司伝吉、北島、村岡屋、村岡総本舗)を楽しんでいただけるチケット(500円)です。佐賀銘菓めぐりの恵比須散歩スタンプチケットは佐賀駅構内の観光案内所やエスプラッツの佐賀市観光交流プラザでお買い求めいただけます。

【お問合せ】一般社団法人佐賀市観光協会

〒840-0826佐賀市白山2-7-1エスプラッツ2F TEL:0952-20-2200

村岡屋「さが錦」

佐賀の伝統工芸「佐賀錦」。村岡屋の「さが錦」は、そのイメージを取り入れた創作和菓子です。蒸し菓子の浮島(うきしま)の中に小豆、栗をちりばめ、上下をチョコレートでつなぎバームクーヘンでサンドしたお菓子です。

【所在地・お問合せ】

〒840-0816 佐賀市駅南本町3-18/ TEL:0952-22-4141

※その他の商品や営業時間など、詳細は村岡屋公式サイトをご覧ください。

八頭司伝吉本舗「昔ようかん」

初代、八頭司伝吉の工法にこだわり、全国でも類を見ない「昔ようかん」を製造。まわりはサクサク、中はしっとり、絶妙なバランスの昔ながらの味わいをお楽しみいただけます。

【所在地・お問合せ】

〒840-0813 佐賀市唐人1-5-38/ TEL:0952-23-3914

※その他の商品や営業時間など、詳細は八頭司伝吉本舗公式サイトをご覧ください。

村岡総本舗「とら焼き宗歓」

伝統的な製法を守る村岡総本舗のなかでも「とら焼き宗歓」は、上品な味わいとおおらかな形で一番人気。しっとりとした虎の縞模様の生地と、北海道産大手亡豆(白いんげん豆)の粒をちりばめた紅餡のやさしい味わいです。

【所在地・お問合せ】

〒840-0813 佐賀市唐人1-5-45/ TEL:0952-23-5017

※その他の商品や営業時間など、詳細は村岡総本舗公式サイトをご覧ください。

北島「丸芳露」

ポルトガル伝来の焼菓子・マルボーロといえば佐賀みやげの定番。筑紫平野の小麦粉と鶏卵、砂糖を使い、独自の製法でふっくらと焼き上げています。甘みを抑えた素朴な味わいで、県内外の多くの方に愛されています。

【所在地・お問合せ】

〒840-8511 佐賀市白山2-2-5/ TEL:0952-26-4161

※その他の商品や営業時間など、詳細は北島公式サイトをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課 シティプロモーション室
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7037 ファックス:0952-24-3463
メールアイコン このページの担当にメールを送る