《お知らせ》 65歳未満の給与所得者の公的年金所得に係る市県民税の徴収方法について

更新:2011年11月30日

平成22年度税制改正 ~ 65歳未満の方の公的年金所得に係る市県民税の徴収方法 ~

平成20年度税制改正により、平成21年度から65歳以上の方(4月1日時点)の公的年金にかかる市県民税の公的年金からの特別徴収(年金天引き)が開始されました。→詳しくはこちら

これに伴い、平成21年度は公的年金所得を有する65歳未満(4月1日時点)の給与所得者について、公的年金にかかる市県民税を給与から特別徴収(給与天引き)することができず、普通徴収(個人納付)となっていました。
平成22年度税制改正にてこの徴収方法が見直され、平成22年度は65歳未満の方の公的年金にかかる市県民税を給与からの特別徴収(給与天引き)できる方は、公的年金所得分を含めて給与から特別徴収することになりました。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民税課 個人市民税一係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁3階
電話:0952-40-7062 ファックス:0952-25-5408
メールアイコン このページの担当にメールを送る