Language

文字の大きさ

背景色

シチメンソウの状況とシチメンソウ環境保全協力金について

更新:2020年10月23日

 

シチメンソウは、ヒユ科の一年草。干潮時には陸地となり、満潮時には海水に浸るような環境に生育し、絶滅が危惧されている貴重な塩生植物です。 生長の過程で色の変化がみられ、晩秋に鮮やかな紅紫色となり、東与賀海岸を真っ赤に染め上げます。しかし、二年前の10月に原因不明の立ち枯れにより、種まきや移植作業を行ったものの生育は厳しい状況にありましたが、現在は、昨年12月と今年1月にシチメンソウを育てる会をはじめとするボランティアの御協力により、種まきを行った2,500平方メートル(2.5区画)の生育状況は順調です。

関連リンク

・シチメンソウまつり10月

10月23日のシチメンソウ

・大部分のシチメンソウが小豆色に染まってきました。これから冷え込むようですので、これから赤く染まっていきます。

DSC00438 DSC00431

 

10月20日のシチメンソウ

・シチメンソウが濃い赤紫色になってきました。これから徐々に真っ赤に染まっていくものと思います。

DSC00151 DSC00293

 

10月14日のシチメンソウ

・全体的に赤紫色に染まってきましたが、順調にいけば、これから徐々に赤く紅葉が進んでいくものと思われます。

10.14シチメンソウアップ 10.14シチメンソウ全景

10月12日のシチメンソウ

・赤紫色に染まったシチメンソウの割合が高くなってきました。一部立ち枯れも目につきますが、概ね順調に生育しております。

シチメンソウアップ シチメンソウ全景

10月5日のシチメンソウ

・日中と朝晩の寒暖の差が大きくなり、シチメンソウの紅葉が進んできたようです。

10.5 シチメンソウ写真(1) 10.5 シチメンソウ写真(2) 

7月17日のシチメンソウ

・葉の色は全体的に淡緑色や黄緑色に変わりつつあります。茎の高さは30センチメートルぐらいで木質化が進み、分枝も多くなってきています。

7.17 シチメンソウ アップ  7.17 シチメンソウ 全体    

    

令和元年度も多くのみなさんの御協力をいただき、ありがとうございました。令和元年度の収支決算を報告させていただきます。

                                                              令和元年度

                                      シチメンソウ環境保全協力金収支決算報告

収入                                                                                          (単位:円)

区分      金 額
前年度繰越金

221,285

令和元年度シチメンソウまつり(11/2~4)での協力金

103,284

まつり期間以外での協力金 7,541

332,110

支出                                                                                           (単位:円)

区分      金 額
移植用ボランティア保険及び清掃道具購入等 70,728
ザル等(種取り・種まき用) 10,804
シチメンソウヤード溝切掘削工事 99,000
180,532

収入支出差し引き額

151,578

(翌年度へ繰越)

・シチメンソウまつり実行委員会では、全区画(16区画)のシチメンソウの再生を願って「シチメンソウ環境保全協力金」を募っています。みなさんの御協力をお願いいたします。

【設置場所】: 東与賀支所内 総務・地域振興グループ、干潟よか公園西側「シチメンソウの里休憩所」

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

市長事務部局 東与賀支所 総務・地域振興グループ
〒840-2221 佐賀市東与賀町大字下古賀1193番地
電話:0952-45-1021 ファックス:0952-45-8023
メールアイコン このページの担当にメールを送る