ミドリムシが持つ可能性についての授業が開催されました
【平成28年5月24日】

更新:2016年08月19日

IMG_8425(環境フォーラム実行委員会から)
ミドリムシの可能性について授業を行う株式会社ユーグレナの鈴木氏

ミドリムシについて学ぶ授業が開催されました

佐賀市では暮らしから発生するごみ・排水、森林や製材所の未利用木材など「廃棄物であったものがエネルギーや資源として価値を生み出しながら循環するまち」を目指し、「佐賀市バイオマス産業都市構想」を策定し、平成26年11月にバイオマス産業都市の認定を受けました。

佐賀市のバイオマス産業都市構想では6つの事業化プロジェクトを計画しており、このなかでも、微細藻類の培養による資源及び産業の創出を重点目標に掲げ関連するプロジェクトを推進しています。

佐賀市と佐賀大学が提携して実施している「佐賀環境フォーラム」の一環として、微細藻類のなかでも豊富な栄養素を持つミドリムシについて、世界で唯一ミドリムシの屋外大量培養技術をもつ株式会社ユーグレナの鈴木秀幸さんによる授業が開催されました。

日時:平成28年5月24日 18:30~20:30

講師:株式会社ユーグレナ研究開発部

バイオ燃料開発課 主任研究員 博士(理学) 鈴木 秀幸 さん

参加者の感想

当日は高校生をはじめ、多くの参加者のみなさんが熱心に鈴木さんの話に耳を傾けていました。

以下感想(一部)

  • 産学連携・企業との連携をしてミドリムシを培養し食品から肥料まで無駄なく活用されている点が素晴らしいと思いました。
  • ミドリムシについて全くの無知でありましたが少しは、その一端を知ることができ、ありがとうございました。
  • ネットで調べるよりも講義を受けることによって、より知識が深まりました。これからも、いくつか講義を受けたいと思いました。
  • 世界の栄養飢餓問題に佐賀のミドリムシを役立てて欲しいと思いました。研究に期待しています!
  • バイオ燃料のコストを下げるための取り組みが、もっと進められて今よりも更に多くの部分で活用されれば地域活性化にもつながると思いました。
  • 現在、授業の中でユーグレナについて学習しているので今回の話を活かしていきたいと思いました。ありがとうございました。
  • 藻を摂ることができる商品をもっと知りたい。身近にあるのであればもっと宣伝して、たくさんの人に知ってもらう活動を行って頂きたい!
  • ミドリムシの消化率(93.1%)の高さは知らなかった。食物繊維も豊富で優秀さに驚いた。
  • 環境問題解決の手掛かりになるかもしれないミドリムシに期待したい。
  • 日本が世界で初めてミドリムシの大量培養に成功したことを知って、そんなに難しいのかと思いました。
  • ユーグレナを使うことで燃料を生み出すことを考えると他にももっと、すごいことができるのではないかと感じた。

このページに関するお問い合わせ

環境部 バイオマス産業都市推進課 創エネ戦略室
〒849-0917佐賀市高木瀬町大字長瀬2369佐賀市清掃工場(管理棟2階)
電話:0952-30-2431 ファックス:0952-30-1878
メールアイコン このページの担当にメールを送る