第28回佐賀市平和展 ~記憶に刻み、次代へつなぐ~ 

更新:2019年07月16日

平和への想いを、令和の時代へ引き継ぎ、また未来を担う子どもたちに伝えるため、あらためて戦争の悲惨さと平和の尊さを語り合う機会にしていただければと願っています。

(入場、参加無料)

  第28回平和展チラシ(表)第28回平和展チラシ(裏)

平和展チラシ(表)【 PDFファイル:837 KB 】

平和展チラシ(裏)【 PDFファイル:644.2 KB 】

日時

8月9日(金)~12日(月・祝) 10時~19時 ※11日・12日は17時まで

場所

佐賀市立図書館2階 ロビーギャラリー他

内容

常設展

戦火をくぐり抜けてきたモノたちが語る「武富戦争資料館展(兵士・庶民の戦争資料館)」【中央ギャラリー】

武富戦争資料館は戦後、広島、長崎、沖縄に続き日本で4番目に設立された福岡県鞍手郡にある民間の戦争資料館です。

設立者 故 武富登巳男(たけとみとみお)さんが戦地から持ち帰ったものをはじめ、戦時中に使われた品々が当時の状況を語りかけます。

平和を願う「原爆の図」展 ~丸木美術館特別企画展~【ロビーギャラリー】

丸木夫妻は、広島に投下された原子爆弾の様子をいち早く目撃し、代表作となる《原爆の図》をはじめ、戦争や公害など、人間が人間を傷つけ破壊することの愚かさを生涯かけて描き続けました。今回の特別企画展では、第一部「幽霊」の原寸大複製画(180×720センチメートル)と、関連作品をパネルでご紹介します。

長崎原爆資料館 原爆資料・パネル展【中央ギャラリー】

被爆の惨状をはじめ、原爆が投下されるに至った経過、および核兵器開発の歴史、平和希求などの資料やパネルを展示します。

デジタル紙芝居「ひとみの中の子どもたち」【ロビーギャラリー】

被爆された学校の先生がずっと心の中にしまっていた思いと経験談をもとにつくられた紙芝居を通して、当時の悲惨な状況をわかりやすく伝えます。

地雷のレプリカ展示【ロビーギャラリー】

佐賀県ユニセフ協会の協力により、地雷のレプリカやユニセフの活動を紹介したパネルをご覧いただけます。

戦争をテーマにした絵本展【ロビーギャラリー】

長く読み継がれてきた絵本の世界を通じ、戦争の悲惨さや平和の大切さを家族で考えるきっかけとしていただくよう、戦争をテーマにした絵本作品を展示・紹介します。

催し物

オープニングセレモニー &平和を願うハープコンサート【多目的ホール】

日時:8月9日(金) 11時00分~ ※ハープコンサートは11時20分~12時00分まで

出演:ハープ教室COCORON

オカリナ&ギターコンサート【多目的ホール】

日時:8月12日(月・祝)11時00分~11時40分

出演:山の音楽家シャナ

語り継ぐ戦争の記憶ギャラリートーク【多目的ホール】

日時:8月12日(月・祝) 13時30分~

武富戦争資料館を設立された故 武富登巳男さんのご子息の武富慈海(たけとみじかい)さんをお招きし、当時の様子や展示資料にまつわるお話をうかがいます。

映画・アニメーション上映【多目的ホール】

上映作品:「この世界の片隅に」、「夏服の少女たち」、「ヒロシマ・母たちの祈り」、「つるにのって-とも子の冒険」、「ヒロシマの記憶 幻の原爆フィルムで歩く広島」

※上映スケジュールはチラシをご覧ください。

参加体験コーナー

VR映像で体験する、今に残る戦争遺跡【研修室】

戦時中使われていた防空壕など、いまもなお身近なところで戦争を伝える戦争遺跡を360度VR映像で紹介します。

キッズ平和クイズ ~クイズにチャレンジして平和を学ぼう~【ロビーギャラリー】

初級、中級、上級3コースのクイズで平和を学びます。

むかし遊び体験【和室】

日時:8月11日(日)、12日(月・祝) 11時00分~15時00分

一升瓶の精米体験【ロビーギャラリー】

一升瓶を使った精米体験で、戦時中のくらしを知ろう。

ピースメッセージコーナー・平和の折り鶴コーナー【ロビーギャラリー】

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務法制課 総務係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7010 ファックス:29-2095
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード