ペットは責任を持って飼いましょう。

更新:2013年10月11日

動物の飼い主の方、終生飼養をお願いします。

動物愛護法が改正されました。

動物の愛護および管理に関する法律が改正され、平成25年9月1日より施行されました。

これにより動物の飼い主は、ペットの一生が終わるまで適正に飼養するよう努めることとされました。

今後、保健所では終生飼養の原則に反する引き取りはされません。

一度飼い始めたら、責任を持って最後まで育てましょう。

なお、ペットを捨てることは犯罪です。100万円以下の罰金に処せられます。

ペットを迷子にさせないようにしましょう。

飼い犬には鑑札、狂犬病予防注射済票をつけましょう。

迷子札、マイクロチップを身につけることで飼い主がわかります。

※犬の場合、迷子札やマイクロチップを身につけていても鑑札と注射済票をつけることが法律で定められております。

万が一ペットが迷子になってしまったら、すぐに市役所・保健所・警察に届け出てください。

ペットの受動喫煙について考えましょう。

喫煙される方へ

喫煙するときは、多くの方が非喫煙者に配慮しなければならないという事を意識をされていると思います。

その一方で、ペットの受動喫煙について考えている方はそう多くはないのではないでしょうか。

タバコの煙は人だけでなく、動物にとっても悪い影響を与える可能性があります。

大切な家族、パートナーであるペットの為にもご配慮くださいますようお願いします。

市民のみなさんの動物愛護へのご協力を宜しくお願いします。

関連ファイル

終生飼養パンフ(PDF:163.0KB)

迷子防止パンフ(PDF:142.0KB)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 生活環境係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7200 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード