猫の飼い主の皆さんへ

更新:2019年01月 4日

〜あなたの猫がご近所から嫌われないために〜

≪不妊去勢手術を行いましょう≫

猫は1年に2〜3回、1回あたり4〜8匹の子猫を産みます。生まれてくる子猫について、すべてを自宅で適切に飼うことは困難が伴います。また、もらい手を見つけることも、とても難しいことです。繁殖を希望しない場合は、不妊去勢手術を行いましょう。不妊去勢手術は、望まない繁殖を防ぐだけでなく、病気の予防や発情期特有の問題行動(鳴き声、尿スプレー、ケンカ)が抑えられるといった効果もあります。

 

※佐賀市では飼い猫の不妊去勢手術費用に対する助成を行っています。例年、6月と11月に募集しています。助成額は猫1匹につきオス2千円、メス4千円で、応募多数の場合は抽選となります。手術前の申請が必要となるなど条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

≪できるだけ、外に出さずに飼いましょう≫

猫にとって家の中は、もっとも安全ななわばりです。適切な環境を用意すれば、猫は室内だけで飼うことができます。

完全室内飼い(外に出さない飼い方)は、近隣への迷惑を防止するだけでなく、感染症や交通事故から猫を守るなど、人にとっても猫にとってもさまざまなメリットがあります。

※完全室内飼いのポイントについては、こちらをご覧ください。

≪首輪と名前札を付けましょう≫

飼い猫であることが分かるように、首輪をつけ、飼い主の連絡先を書いた名前札をつけましょう。完全室内飼いの場合も、万一、外に出てしまった時のために、必ず必要です。

≪猫の習性をよく理解し、終生飼養をしましょう≫

猫の寿命は15歳以上になることもあります。最後まで愛情と責任をもって世話をすることができるのか、よく考えてから飼うようにしましょう。状況によっては、「最初から飼わない」と決めることも、重要なことです。

どうしても飼えなくなった時は、必ず新しい飼い主を探しましょう。

動物の遺棄・虐待は犯罪です!

『動物の愛護および管理に関する法律』により禁止されています。

愛護動物を遺棄した場合・・・100万円以下の罰金

愛護動物を殺傷(虐待)した場合・・・2年以下の懲役または200万円以下の罰金

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 生活環境係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7200 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る