Language

文字の大きさ

背景色

古くなった消火器にご注意!

更新:2010年07月15日

老朽化した消火器は破裂のおそれがあります。

みなさんのご家庭や事業所などに設置してある消火器は、老朽化により腐食していませんか?

もし、そのような古い消火器をお持ちでしたら、破裂事故等を防ぐため、速やかに廃棄処分してください。

消火器は一般ごみとして捨てることができません。有料となりますが、専門の業者に回収を依頼する必要があります。

処分に関する問合せ先など詳しい情報は、佐賀広域消防局ホームページをご覧ください。

なお、消火器の取扱いについては、次のことに注意してください。

  1. 消火器を風雨にさらされる場所や湿潤な場所に保管しないでください。
  2. 腐食したものなど、容器が正常でないものは破裂の危険性があるので絶対に使用しないでください。
  3. 不要になった消火器は、自ら放射・解体しようとせず、必ず専門業者に廃棄処理を依頼してください。

関連ファイル

消火器のしおり(PDF:2720.0KB)

消防設備業届け出一覧(佐賀広域消防局ホームページより)(PDF:72.0KB)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理防災課 防災対策係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7013 ファックス:0952-24-3187
メールアイコン このページの担当にメールを送る