Language

文字の大きさ

背景色

佐賀市個人情報保護審査会 答申第11号(旧佐賀市分)

更新:2015年03月10日

合併町村との電子計算機の結合について

                        答申第11号
                        平成17年2月23日

佐賀市長 木下敏之様

                     佐賀市個人情報保護審査会
                        会長 村上英明

佐賀市個人情報保護条例第10条第2号の規定に基づく諮問について(答申)

佐賀市個人情報保護条例第10条第2号に基づき平成17年2月17日付け佐市情政第20号により諮問がありました電子計算機の結合については、審議の結果、諮問の内容を適当なものと認めましたので、答申します。

(諮問内容)
合併町村との電子計算機の結合について

  1. 内容と目的
    市町村合併に伴う準備作業として、佐賀市の住民情報システムや財務会計システム等を,合併する各町村において利用できるように専用回線を設置し、町村のネットワークを接続する。なお、合併前に以下の作業を行う。
    1. システム検証作業(データ統合が正確に行われたかの確認作業)
    2. オンライン入力によるデータ移行(職員の手入力によるデータの移行作業)
    3. 操作研修(合併後に電算システムを使って業務を行うための研修)
  2. 結合による効果
    1. 合併日より行政サービスを本所、支所において円滑に提供するには、新佐賀市ネットワークを合併前に設置し準備を進めることが不可欠である。
    2. 合併前にネットワークを接続することにより,町村において、合併に関するシステム統合の検証作業、オンライン入力、操作研修を行うことができる。
    3. 佐賀市と町村をネットワークで接続しない場合には、町村の職員が行う合併システム統合のための検証作業、オンラインデータ移行、操作研修を佐賀市庁舎内のコンピュータを使って行わなければならなくなる。この場合、町村の職員は佐賀市庁舎まで出向いて作業を行う事になる。
  3. 個人情報の保護措置とセキュリティーについて
    1. 佐賀市庁舎内の電子計算機システムと、町村の電子計算機システムのネットワーク接続には専用回線を使用する。
    2. ネットワーク接続による町村との情報の共有にあたっては、公務員の守秘義務、各町村の個人情報保護条例の規定、パスワードによる操作業務の限定を行う。
    3. オンライン操作を行う町村職員は佐賀市で把握し、個人情報の取扱いについての指導を行う。

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務法制課 情報公開・統計係(情報公開担当)
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階(情報公開担当)
電話:0952-40-7022 ファックス:0952-29-2095
メールアイコン このページの担当にメールを送る