定期接種の種類、対象年齢、回数等

更新:2018年04月10日

定期接種は、対象年齢や回数などが予防接種法により定めれています。

定期接種には、BCG、B型肝炎、Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、二種混合(DT)、ポリオ、麻しん風しん混合(MR)、水痘、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)、日本脳炎があります。

B型肝炎

B型肝炎の説明【 PDFファイル:72KB】

BCG

BCGの説明【 PDFファイル:77.8KB】

Hib(ヒブ)感染症

Hib(ヒブ)感染症の説明【 PDFファイル:89.5KB】

小児の肺炎球菌感染症(プレベナー13)

小児の肺炎球菌感染症の説明【 PDFファイル:75.3KB】

四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ) DPT-IPV

四種混合の説明【 PDFファイル:95.3KB】

  • 三種混合や不活化ポリオワクチンの接種が完了していない人は、お早めに実施医療機関または佐賀市健康づくり課にご相談ください。(四種混合ワクチンを接種している人は不要です。)関連リンクの厚生労働省感染症・予防接種情報をご参考ください。

三種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)DPT

三種混合の説明【PDFファイル:85.6KB】

二種混合(ジフテリア、破傷風)DT

二種混合の説明【 PDFファイル:74.9KB】

  • 「11歳以上13歳未満まで」とは、「11歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで」になります。

ポリオ

不活化ポリオの説明【PDFファイル:90KB】

  • 平成24年9月1日から生ワクチンから不活化ワクチンに変更されました。四種混合ワクチンを接種している人は不要です。

麻しん風しん混合(MR)

麻しん風しんの説明【 PDFファイル:82.3KB】

  •  5年間の時限措置として実施していた、3期(中学1年)および4期(高校3年)の接種は平成25年3月31日で終了しました。

水痘

水痘の説明【 PDFファイル :69.7KB】

日本脳炎

日本脳炎の説明【 PDFファイル】

  • 「9歳以上13歳未満の者」とは「9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで」です。
  • 日本脳炎予防接種の重要なお知らせ(平成17年以降接種勧奨控えていたことによる特例措置)

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)「積極的勧奨を中止しています

ヒトパピローマウイルス感染症の説明【 PDFファイル】

平成25年4月1日から定期接種となりましたが、平成25年6月14日以降、積極的にはお勧めしていません
詳しくは厚生労働省ホームページでご案内しています。

 

長期にわたる療養を必要とする病気により定期予防接種を受ける機会を逃した人へ

平成25年1月30日より、長期疾病等により、やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかった方に対して接種ができるようになりました。該当される方は、接種に関する要件がありますので主治医へご相談ください。

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課 母子保健係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号
電話:0952-40-7282 ファックス:0952-40-7380
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード