自転車運転者講習制度について

更新:2016年10月 4日

 改正道路交通法の施行に伴い、平成27年6月1日から自転車運転者講習制度が開始されました。

○自転車運転者講習制度とは・・・

 特定の「危険行為」を過去3年以内に2回以上繰り返すと、「自転車運転者講習」の

 受講が命じられます。

○制度の目的

 自転車が関係する交通事故の約6割が、自転車側にも法令違反があります。また、

 自転車側が加害者となって高額の賠償を命じられるケースも少なくありません。

 危険行為を繰り返す自転車運転者を改善するために、自転車運転者講習制度が新設されました。

○特定の「危険行為」とは・・・

 自転車運転者講習受講義務の対象となる「危険行為」とは次の14類型です。

 (1) 信号無視

 (2) 通行禁止道路(場所)の通行

    歩行者用道路など自転車通行が禁止されている道路等を通行する行為

 (3) 歩行者用道路での歩行者妨害

 (4) 歩道通行や車道の右側通行等

 (5) 路側帯での歩行者の通行妨害

 (6) 遮断踏切への立ち入り

 (7) 左方車優先妨害・優先道路車妨害等

 (8) 右折時、直進車や左折車への通行妨害

 (9) 環状交差点安全進行義務違反等

 (10) 一時不停止(一時停止標識等を無視して交差点に進入する行為等)

 (11) 歩道での歩行者妨害等

 (12) 制動装置不備の自転車の運転

    ブレーキ装置がない、またはブレーキ性能が不良な自転車での走行

 (13) 酒酔い運転

 (14) 安全運転義務違反

    傘さし運転やながらスマホ運転が対象になることがあります

○自転車運転者講習とは・・・

 違反者の特性に応じた個別的指導を含む3時間の講習(講習手数料は5,700円)

 ※命令を受けてから3ヶ月以内の指定された期間内に受講しない場合は5万円以下の罰金

 

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活安全課 交通安全・防犯係
〒840-0801佐賀市駅前中央一丁目8番32号 iスクエアビル1階
電話:0952-40-7012 ファックス:0952-40-2050
メールアイコン このページの担当にメールを送る