Language

文字の大きさ

背景色

佐賀市子ども・子育て支援事業計画

更新:2017年11月27日

計画・概要版

佐賀市子ども・子育て支援事業計画(概要版)

佐賀市子ども・子育て支援事業計画(全体)

【分割版】
表紙・目次
第1章 計画の策定にあたって
第2章 佐賀市の子どもや子育てを取り巻く現状
第3章 佐賀市の子どもや子育てを取り巻く課題
第4章 計画の基本的な考え方
第5章 施策の展開
第6章 事業計画
資料編・裏表紙

計画策定の背景と趣旨

現在、子ども・子育て支援が質・量ともに不足していること、深刻な待機児童問題、仕事と子育ての両立支援の環境整備が不十分であることなどから、一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成24年8月に「子ども・子育て関連3法」が制定され、子ども・子育て支援新制度が平成27年4月からスタートすることになりました。
子どもを取り巻く環境等が大きく変化する中、子ども・子育て支援新制度の実施に伴い、平成27年度から平成31年度の5か年を計画期間とした「佐賀市子ども・子育て支援事業計画」を策定します。

計画の位置づけ

本計画は、平成24年に制定された「子ども・子育て支援法」に基づく佐賀市の計画です。
また、可能な限り次世代育成支援行動計画の内容を本計画に引継ぎ、「次世代育成支援対策推進法」に基づく市町村行動計画の性格を持ち合わせることとします。

計画の期間

本計画は、平成 27 年度から平成 31 年度の5年間を計画期間とします。

計画の基本理念

子も親も心豊かに共育ち 家庭・地域・社会で育む子どもの笑顔

子育ての基本は家庭であることから、保護者が子育てについての第一義的責任をもつという基本的認識の下、佐賀市の特性を活かし、子どもだけでなく親も共に育っていけるような環境を整備し、子どもの幸せを第一に考え、家庭と地域や職場など社会全体が一体となって支えていく佐賀市を目指し、この計画の理念とします。

計画の基本目標

子どもがたくましく健やかに育つ環境づくり
子育ての誇りと喜びを実感できる家庭づくり
子育てへの理解と協力ができる社会づくり
お互いに声をかけ合い、支え合う地域づくり

基本理念に基づき、子ども・家庭・社会環境・地域などがそれぞれの責務を認識し、子育ての意義について理解が深められるよう、基本目標を掲げます。

教育・保育提供区域の設定

教育・保育の提供体制を確保するに当たっては、地理的条件、人口、交通事情その他の社会的条件、現在の教育・保育の利用状況、教育・保育を提供するための施設の整備の状況などを総合的に勘案して3区域(北部、中央部、南部)を設定します。

教育・保育の量の見込みと提供体制の確保

保育園や幼稚園等の量(教育・保育の量)について、佐賀市においては、国の目標である「平成29年度末までに、量の見込みに対応する施設等を整備すること」を目指し、ニーズ調査を踏まえた教育・保育の量の見込みをもとに、需給バランスを考慮した提供体制を確保していきます。

地域子ども・子育て支援事業の提供体制の確保

佐賀市は、子ども・子育て家庭等を対象とする事業として、子育て中の親子の交流促進や育児相談等を行う「地域子育て支援拠点事業」等を実施します。平成31年度までに、目標事業量(確保の方策)を確保するため、必要な整備等を進めていきます。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

子育て支援部 保育幼稚園課 幼保事業係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7294
メールアイコン このページの担当にメールを送る