人権コラム(平成27年4月15日号)

更新:2015年04月23日

平成26年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品

平成26年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品です。

あなたの人権 わたしの人権

『いのちをいただく』とは

 この春、多くの人が咲きほこる桜の花をめでたのではないでしょうか。この桜が「桜」として存在するためには何が必要でしょう。根を張るための地面、空気、水分、日光…。それでは、「人」はどうでしょうか。私たちも同様、いろいろな条件が整ってはじめて生きることができます。でも、植物とちがうのは、日々、直接「いのち」をいただいていることです。先日、「ある精肉店のはなし」という映画を観ました。大阪府貝塚市で、牛の飼育から解体、販売までを行う、7代目の北出新司さん一家の人間味あふれるドキュメンタリーです。と畜場が閉鎖となり、最後のと畜となる様子を観客は目の当たりにします。「生き物」から「食べ物」にかわる場面は、ショッキングというより、確かな技術でていねいにさばかれていく様子に敬意さえ感じました。と場には、と畜された家畜のための獣魂碑があり、花が供えられています。
 「人は、いのちをいただくことで生かされている。牛の肉が人のからだになる。生きるということはいのちをつなぐということ。だから、牛に感謝し、誇りを持ってこの仕事をしてきたんだ」と北出さんは話します。日々、パックに入ったお肉をお店で買って食べている私たち。生き物のいのちをいただいていること、そこに従事する人たちに思いをはせながら「いのちの受け渡し」に感謝したいものです。

(社会同和教育指導員 松岡浩代)

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係
〒849-0919 佐賀市兵庫北三丁目8番36号ほほえみ館
電話:0952-40-7367 ファックス:0952-34-4549
メールアイコン このページの担当にメールを送る

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?