佐賀市の環境方針をご紹介します

更新:2016年02月17日

環境方針カード

 

守り、育み、未来をつくる トンボ飛び交うまち さがを目指して

1.基本理念

 佐賀市は、山から海までつながる多様で豊かな自然環境に恵まれています。北部は脊振・天山山系に囲まれたみどり豊かな山林地帯となっており、そこで育まれた水が中南部に広がる肥沃な田園地帯のクリークを巡り、有明海に注いでいます。こうした豊かな自然は多様な生態系を形成し、様々な自然の恵みをもたらすことで、私たちの生活を支えています。

 しかしながら、今日の社会では、物の豊かさや利便性を追求し、大量生産・大量消費・大量廃棄を繰り返してきたことで、地球温暖化問題をはじめ、大気や水の環境汚染、自然破壊による生物種の絶滅、ごみ問題といった、私たちの生活を脅かす深刻な問題が起きています。

 そこで、佐賀市役所は、すばらしい自然や歴史・文化が残る環境を、守り、育み、未来の子どもたちへ引き継いでいくために、自らの環境負荷を減らすことはもとより、市民、事業者等に環境保全に関する様々な普及・啓発活動を行い、実践を促します。これらの取り組みを、佐賀市環境マネジメントシステムを活用して継続的に行うことにより、佐賀市環境基本計画に謳う望ましい環境像「守り、育み、未来をつくる トンボ飛び交うまち さが」の実現を目指します。

 

2.基本方針

(1)地球温暖化を防止するまち さが

市役所自身が環境負荷の低減に取り組むとともに、市民、事業者等に対して、省エネルギー行動の実践、再生可能エネルギーや新たな資源の活用など、環境負荷を減らす ことができる取り組みの普及を積極的に推進することで、地球温暖化防止への貢献を目指します。

(2)資源を活かす循環のまち さが

廃棄物の排出抑制、再使用、再生利用の推進など、佐賀市全体でごみ問題の解決を図り、循環型社会の構築を目指します。

(3)水とみどりがあふれるまち さが

地域の自然・生物多様性を保全し、快適な親水空間・みどり空間の創出等を推進することにより、自然環境と人々の営みや歴史・文化とが調和した都市づくりを目指します。

(4)安全で快適な生活環境のまち さが

市民、事業者等に対する生活環境への配慮意識の啓発、水道水の安定供給や生活排水の適正処理等を実施することにより、安全で快適な生活環境の向上を目指します。

 

 

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 温暖化対策室
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7201 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?