ごみの分別収集と出し方(諸富町・三瀬地区)

更新:2017年11月 2日

ごみの分別収集と出し方

ごみの分別収集について

ごみステーションでは次のように分別して収集しています

  • 燃えるごみ 週2回
  • 燃えないごみ 月2回
  • 有害ごみ(蛍光管・電球・乾電池類・体温計など) 月2回
  • 資源物(空缶・空ビン) 月2回
  • 資源物(新聞・広告、雑誌類、ダンボール、雑がみ類、紙パック 、ペットボトル、トレイ) 月1回

ごみの出し方

  • 燃えるごみは、透明の指定袋(大:10枚400円、中:10枚300円、極小:10枚150円)で出してください。
  • 燃えないごみは、黄色の指定袋(中:10枚300円)で出してください。
  • 有害ごみ(蛍光管・電球・乾電池類・体温計など)は、中身の見える任意の袋(透明または半透明の袋)に入れて出してください。
  • 資源物(空缶・空ビン)は、ピンク色の指定袋(中:10枚300円)で出してください。
  • 資源物(新聞・広告、雑誌類、ダンボール、紙パック)は、種類別にひもでくくって出してください。
    ※雑がみは紙袋に入れて出すこともできます。
  • 資源物(ペットボトル)は、緑色の指定袋(大:10枚200円)で出してください。
  • 資源物(トレイ)は、紫色の指定袋(大:10枚200円)で出してください。

指定袋の種類と金額

 諸富町・三瀬地区 

種類 内容

まちをとった横幅/横幅×長さ

(ミリメートル)

金額(税込み)
燃えるごみ 大(40リットル)10枚入り 470/650×750    400円
中(30リットル) 10枚入り 380/550×700    300円
極小(15リットル) 10枚入り 290/400×650    150円
燃えないごみ

中(30リットル) 10枚入り

380/550×700    300円
空缶・空ビン 中(30リットル) 10枚入り 380/550×700    300円
ペットボトル 大(40リットル)10枚入り 470/650×750    200円
トレイ 大(40リットル)10枚入り 470/650×750    200円

ごみを出すときの注意点

全体的なこと

  • ごみは、自治会などで決められたステーションに出してください
  • ごみは、収集日当日の朝(8時までに)出してください
  • 事業所(商店、事務所、農業、漁業関係等)のごみはステーションには出せません。
  • 指定袋に入らないものは粗大ごみとなります。ごみステーションには出せません。
  • 指定袋で出す場合は、袋の口は必ず結んでください
  • 有料指定袋は、諸富町、三瀬地区の指定袋取扱店で「諸富・三瀬の指定袋」を購入してください。

燃えるごみ

(具体例)

・台所ごみ:生ごみ

・プラスチック類:菓子袋、ポリ袋、CD・DVD・カセット類、発泡スチロール

・紙類:使用済みティッシュ、紙オムツ(汚物は取除く)

・繊維類、ゴム、皮革製品:衣類、皮革製品、靴、かばん(金属部分は可能な限り取る)

※佐賀市では廃食用油の回収を行っています。使い終わった油は公共施設や近くのスーパーなどに設置してある回収ボックスにお出しください。

 

燃えないごみ

  • 主なもの・・・金物、小型家電、ガラス類、陶磁器類

(具体例)

・鍋、やかん、皿、茶碗、ガラス ・おもちゃ ・ライター ・油缶 ・油ビン ・化粧ビン

・耐熱ガラス ・スプレー缶(必ず使いきること)

  • 刃物等(鋭利なもの)は新聞などで包み「危険」などと表記してください。
  • 空き缶・空きビンを入れないでください。

有害ごみ(蛍光管・電球・乾電池類・体温計など)

  • 長い蛍光管は割れないよう箱・ケースに入れ、複数ある場合はひもでくくって出してください。(袋に入れないで結構です。)

空缶・空ビン

  • 主なもの・・・飲料用空缶・空ビン、食品用空缶・空ビン、金属製のフタ・キャップ
  • 油がついた容器は、「燃えないごみ」として出してください。
  • キャップ・フタは必ずはずし、中を洗浄してください。
  • 金属製のキャップ・フタは必ずはずし、「空缶・空ビン」として出してください。
  • プラスチック製のフタや栓は「燃えるごみ」として出してください。
  • 中身が入ったものは出せません。
  • この袋で出せるものは、飲み物・食べ物製品の容器に限ります。
  • ビール瓶・一升瓶などのリターナブルビンは、できるだけ回収されている販売店へ出してください。

新聞・広告、雑誌類、ダンボール

  • 「新聞広告」、「雑誌類」、「ダンボール」と種類ごとに分別し、ひもでくくって出してください。
  • ダンボールとは、断面が波状のものになります。

雑がみ類

  • 「新聞広告」、「雑誌類」、「ダンボール」以外の雑がみ類は、紙袋で出すことができます。ひもでくくって出してください。

(具体例)

・コピー用紙 ・文書 ・メモ紙 ・菓子箱 ・封筒・手紙 ・はがき

・包装紙 ・パンフレット ・ティッシュペーパーの箱 ・レシートなど

紙パック

  • 右の印がついている物に限ります。紙パックマーク
  • ひもでくくって出してください。
  • 汚れているものは、リサイクルできません。きれいに洗浄し、開いて乾燥させてください。
  • 内側がアルミのものは出せませんので、「燃えるごみ」として出してください。
  • お近くの店頭回収へ出されても結構です。

ペットボトル

  • 右の印がついている物に限ります。PETボトル識別マーク
  • キャップとラベルは必ずはずしてください。
  • 必ず中身は抜き、洗浄してください。
  • 横につぶしてください。
  • キャップとラベルは「燃えるごみ」として出してください。

トレイ

  • 右の印がついている物に限ります。PSマーク
  • 主なもの・・・(食品用)白色トレイ、(食品用)色柄トレイ
  • 汚れているものは、リサイクルできません。
  • きれいに洗浄・乾燥させてください。
  • お近くの店頭回収へ出されても結構です。

 

連絡先

循環型社会推進課 3R推進係

佐賀市高木瀬町大字長瀬2369

(佐賀市清掃工場内)

TEL30-2430

FAX30-2494

 

 

このページに関するお問い合わせ

環境部 循環型社会推進課 3R推進係
〒849-0917 佐賀市高木瀬町大字長瀬2369 佐賀市清掃工場
電話:0952-30-2430 ファックス:0952-30-2494
メールアイコン このページの担当にメールを送る