佐賀の12賢人

更新:2012年05月29日

佐賀の12賢人 歴史散策お楽しみ帳

みなさんはご存知ですか?
sagacityには英語で「佐賀市」とともに、「賢明な」「利口な」などの意味があることを!
これを単なる偶然と思う方も少なくないでしょう。しかし事実、この街には過去に多くの賢人たちが生き、今でも、いたるところにその奇跡を見て取る事ができます。

江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて活躍した、「鍋島直正」、「島義勇」、「佐野常民」、「副島種臣」、「大木喬任」、「江藤新平」、「大隈重信」 の『佐賀の七賢人』。これに「枝吉神陽」を加えた『佐賀の八賢人』とういう偉人の総称は有名です。

今回は、その佐賀の七賢人・八賢人に幕末前の偉人を含めた12賢人にスポットを当て、その生きざまや、人間的魅力に迫る『佐賀の12賢人』を紹介します。

徐福

徐福(じょふく)

不老不死を求めた浪漫の旅人。

平原広沢を得、王となり帰らず。

成富兵庫茂安

成富兵庫茂安(なりどみ ひょうご しげやす)

武将からグランドデザイナー。
民のため、時代を超えた「いい仕事」。

高遊外 売茶翁

高遊外 売茶翁(こうゆうがい ばいさおう)

煎茶を浸透させた文化人。
禅の真理を追い求めたその生き様。

鍋島直正

鍋島直正(なべしま なおまさ)

ずば抜けた先進性を持つ名君。
技術立国日本の基を作り上げた男。

枝吉神陽

枝吉神陽(えだよし しんよう)

日本の未来を説くカリスマ学者。
憂国の熱き俊英が仰いだ人生の師。

島義勇

島義勇(しま よしたけ)

北の大地を切り拓いた開拓者。
理想へ突き進む、体当たり人生。

佐野常民

佐野常民(さの つねたみ)

何でもやります元祖マルチ人間。
その芯にある揺るぎなき博愛精神。

副島種臣

副島種臣(そえじま たねおみ)

世界が認めた正義の外務卿。
その「書」に見るフリーマン精神。

大木喬任

大木喬任(おおき たかとう)

教育制度の基礎を作り上げた酒豪。
全てを知り、学ぶことのカッコよさ。

江藤新平

江藤新平(えとう しんぺい)

「民権」を唱えた初代司法卿。
正義を信じ、貫き通した悲運の士。

相良知安

相良知安(さがら ちあん)

捨て身の提案で大逆転。
我が国へのドイツ医学導入の功績者。

大隈重信

大隈重信(おおくま しげのぶ)

明治・大正きっての傑物。
育んだのは佐賀の風土と母の愛。

関連ファイル

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

経済部 観光振興課 観光企画係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁6階
電話:0952-40-7110 ファックス:0952-26-6244
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード