Language

文字の大きさ

背景色

国民年金の加入

更新:2022年04月 1日

加入の種別 と任意加入

加入の種別

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、必ず、国民年金に加入しなければなりません。

国民年金の被保険者は次の3つの種別に区分されています。

第1号被保険者 : 農林漁業や自営業などの人とその配偶者および学生など

第2号被保険者 : 厚生年金保険に加入している人

第3号被保険者 : 第2号被保険者に扶養されている配偶者

任意加入

次のような人は、希望すれば加入できます。

  1. 日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人であって、厚生年金保険の老齢年金や共済組合の退職年金を受けることができる人
  2. 日本に住んでいる60歳以上65歳未満の人
  3. 海外に居住している20歳以上65歳未満の日本国民

 特例の任意加入

昭和40年4月1日以前生まれの人で、老齢年金または老齢基礎年金の受給権が発生していない人は、65歳までの任意加入に加え、特例的に70歳までの間、任意加入することができます。特例任意加入できる期間は、老齢年金または老齢基礎年金の受給権が発生するまでです。

国民年金の適用の推移

平成3年4月1日から、20歳以上60歳未満の日本国内に住所がある人のうち、国民年金の適用除外となっている人は、被用者年金の老齢(退職)年金の受給権者のみとなっています。

国民年金が発足した昭和36年4月1日から国民年金の適用の範囲は、関連ファイルの「適用推移表」をご覧ください。

関連ファイル

適用推移表【 PDFファイル:29.1 KB 】

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保険年金課 国民年金係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7275 ファックス:0952-40-7390
メールアイコン このページの担当にメールを送る