4月の天体観望会情報 ☆ 星空学習館

更新:2019年04月 2日

4月の天体観望会のご案内

星空学習館では、定例の天体観望会を行っています。どなたでも無料で参加できますので、どうぞお越しください。

夜の観望会の時間が4月から20時~22時にかわりました。

なお、4月29日(月・祝)は臨時の休館日になります。

夜の定例観望会 :毎週金曜・土曜  20時00分~22時00分

開催日 テーマ 内容

5日(金)、6日(土)

プレセペ星団を観察しよう

かに座にある星の集まりを観察します。

12日(金)、13日(土) 月面を観察しよう 上弦の月の頃は、クレーターを見やすく、観察や撮影におすすめです。
19日(金)、20日(土) 北斗七星をさがそう

北の空、7つの星がひしゃくの形にならんだところが北斗七星です。

26日(金)、27日(土)

しし座と春の大三角を探そう

しし座の2等星デネボラ、おとめ座の1等星スピカ、うしかい座の1等星アルクトゥールスで結んでできる春の大三角を探してみましょう。

昼間の定例観望会:毎週土曜・日曜 午後2時~午後4時

【太陽と昼間の星】 太陽の黒点とプロミネンス、月(月齢による)、青空に輝く1等星たちを観察できます。

・ 定例観望会は無料でどなたでも自由に参加できます。(申込不要)

イベント情報「ゴールデンウィーク わくわく体験イベント」

【GW特別観察会】

しし座,春の大三角,春の大曲線 など春の夜空の名所を観察しましょう。今年のゴールデンウイークは、月明かりがなく暗い星が良く見えますよ。昼の観察は、金星や冬の一等星を観察します。

日程:4月26日(金)夜のみ,27日(土)昼・夜,28日(日)昼のみ

   5月3日(金)夜のみ,4日(土)昼・夜,5日(日)昼・夜

定員:なし(申込不要)     対象:どなたでも           参加料:無料

【春のほしぞら教室】

一組に一台の双眼鏡を貸し出して、自分で星を探す楽しみを学ぶ教室です。春の星座,春の一等星,かに座の星団,かみのけ座の星団 等を観察します。(天候不良時は、星,宇宙の話や簡単な工作を行います。)

日時: 5月4日(土) 19:30~21:00

定員: 10組(要申込)   参加費:500円/組

対象:小学校4年生以上の親子(大人だけでも可)

【ペットボトルロケットを作って飛ばそう】

内容:    迫力満点!水と空気の力を使って飛ぶペットボトルロケットを作ります。

日程: 5月3日(金) 13:30~15:30

定員: 20人(要申込)   参加費:100円

対象: 小学生以上(小学生は保護者同伴)

講師: 高取照秋さん(さが科学少年団)

持ち物:炭酸飲料のペットボトル(1.5リットル)2個

【科学教室「星のモビールをつくろう!】

モビールはてこの原理でバランスをとっています。支点をずらすことで、いろんなものを下げてオリジナルのモビールを作ることが できます。

日程: 4月27日(土) 13:30~15:00

講師: 中島由晶さん(さが科学少年団)

定員: 20人(要申込)  参加費: 100円

対象: どなたでも(小学校低学年は父兄同伴)

【春の田園植物観察会「身近な草花~あなたはその魅力を知っていますか?」】

星空学習館周辺をのんびりと歩きながら春爛漫の身近な草花を観察し,その名前の由来や人々の生活との関わりなどを学びましょう。その後はお待ちかねの山菜料理試食会。身近な草がこんなにおいしいのか,あなたもきっと驚くこと間違いなし!

日時:5月5日(日) 10:00~12:30

定員:20名(要申込)    参加費:200円

対象:どなたでも

講師:井上英行さん(佐賀植物友の会 アドバイザー)

【折り紙飛行機の世界「スカイキングに挑戦!PartⅡ」】

ゆっくりと長い時間飛ぶヒコーキの頂点に君臨するスカイキング。その進化した兄弟ヒコーキは、世界ギネス記録29.2秒を記録しました。昨年はスカイキングの基礎的な折り方と調整方法を中心に行いましたが,今回は一番をめざすテクニックまで踏み込みます。さあ,君はついてこられるか?

日時: 5月5日(日) 13:30~15:00

定員: 20名(要申込)                   参加費:100円

対象:どなたでも

講師: 井上英史さん(折り紙ヒコーキ協会 九州支部長)

4月の星空

南の空を見上げると、裏返しの「?」の形に星が並んだところがしし座です。「?」マークの「・」の部分で輝く星は、しし座の1等星レグルスです。しし座の西側には、星占いの星座でおなじみのかに座があります。かに座は暗い星ばかりですが、中心部には双眼鏡でも楽しめる星の集まり「プレセペ星団」があります。

北の空高くに、7つの星がひしゃくの形に並んだ、北斗七星が輝いています。北斗七星のひしゃくの持ち手をカーブにそって南へのばすと、オレンジ色に輝くうしかい座の1等星アルクトゥールス、その先に、おとめ座の1等星スピカがあります。さらにカーブを南へのばすと、4つの暗い星が台形に並んだところがみつかります。これがからす座です。北斗七星から続くこのカーブを春の大曲線といいます。また、アルクトゥールス、スピカと、しし座の2等星デネボラを結んでできる三角を春の大三角とよびます。

   1904星図

ぜひ探してほしい星たち

しし座 同じくらいの明るさの星、1等星の「ポルックス」と2等星の「カストル」が仲良く並んでいます。その色から、ポルックスは「金星(きんぼし)」、カストルは「銀星(ぎんぼし)」とも呼ばれています。
プレセペ星団 しし座とふたご座の間に、かに座があります。空の暗い場所なら、かに座の中央に、ぼんやりと輝くプレセペ星団を肉眼でも見つけることができます。
北斗七星 北の空、7つの星がひしゃくの形に並んでいます。
春の大三角 しし座のデネボラ、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカでできる三角形です。

4月の天文現象とこよみ

5日 清明(せいめい)

二十四節気の一つで、「すべてのものが明るく清らかで生き生きとしている頃」を意味します。

7日 新月 月明かりのない夜です。
12日 水星が西方最大離角 明け方の東の低空にあります。
13日 上弦の月 日没の頃、南の空で半月が輝きます。
19日 満月 月の明るい夜です。
20日 穀雨(こくう) 二十四節気の一つで、「穀物にとっての恵みの雨が降る季節」を意味します。
23日 4月こと座流星群ピークの頃 未明にピークですが、1時間に4個程度と予測されていますが、月が明るいため条件が悪いでしょう。
27日 下弦の月 夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。

29日

昭和の日 国民の祝日です。
30日 休日  

惑星

  • 水星は日の出前の東の低空にありますが、高度が低く見つけにくいでしょう。

  • 金星は「明けの明星」として、日の出前の南東の低空-4.0~-3.9等級の明るさです。

  • 火星はおうし座付近にあり、日没後の西の空、1.4~1.6等級で、今シーズンは見納めの時期です。

  • 木星は日の出前の南の空にあり、-2.2~-2.4等級の明るさで目立っています。

  • 土星は日の出前の南東の低空にあり、明るさは0.6~0.5等級です。

     

 

  春の大曲線と春の大三角_元写真  M44プレセペ

     春の大曲線と春の大三角              プレセペ星団

上記および天文に関する詳しい情報に関しては

佐賀市星空学習館までお問い合わせください。

住所:西与賀町大字高太郎328番地

電話:0952‐25‐6320 FAX:0952-37-5747

e-mail:hac@saga-hoshizora.com HP http://saga-hoshizora.fem.jp/

 

佐賀市星空学習館指定管理者 一般社団法人佐賀天文協会

一般社団法人佐賀天文協会HP http://www.sagaten.org/

関連リンク

国立天文台ホームページ

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課 総務企画係
〒840-0831 佐賀市松原二丁目2番27号 佐賀バルーンミュージアム3階
電話:0952-40-7365 ファックス:0952-24-2332
メールアイコン このページの担当にメールを送る