Language

文字の大きさ

背景色

8月の天体観望会情報 ☆ 星空学習館

更新:2020年08月 3日

2020年8月の天体観望会情報 星空学習館

星空学習館では、定例の天体観望会を行っています。無料・申込不要で、どなたでも自由に参加できますので、どうぞお越しください。

※観望会や教室は中止する場合がありますので、星空学習館のホームページで確認またはお問合せください。

※当館のご利用には、マスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。

 

夜の定例観望会 :毎週金曜・土曜 20時00分~22時00分

開催日

テーマ

内容

1(土)

シーズン到来!

土星の観察

土星は、環のある惑星で、特に人気の高い観察対象です。土星がいよいよ観察の好期となります。

7(金)、8(土)

夏の大三角を探そう

こと座のベガ,わし座のアルタイル,はくちょう座のデネブの三つの一等星でつくる三角形です

14(金)、15(土)

さそり座といて座を探そう

さそり座といて座は夏の夜空の南の空にあります。夏を代表する星座のひとつです。

21(金)、22(土)

夏の天の川を見よう

月明かりのない夜には、北から南に向かって薄い雲の帯のように見えます。西洋ではミルキーウエイ(乳の道)とも呼びます。

28(金)、29(土)

月・木星・土星 の接近を見よう

28~29日の夜、満月前の月がいて座に入り、木星・土星との接近が見られます。

※9月からは19時30分~21時30分にかわりますのでご注意ください。

 

昼間の定例観望会:毎週土曜・日曜 14時~16時

【太陽と昼間の星】 太陽の黒点とプロミネンス、月(月齢による)、青空に輝く1等星たちを観察できます。

 

イベント参加募集

【星空学習館・佐野常民記念館コラボ企画】

「世界遺産の上に寝っころがってペルセウス座流星群を見よう」

8月12日(水)

時間:20時00分~21時30分

募集:どなたでも(子どもは保護者同伴)

参加費:無料(要申込)

場所:佐野記念館公園芝生

天候不良時は中止します。
保険加入のため、参加者全員の氏名・生年月日・電話番号を明記の上、”往復はがき” にて佐賀市星空学習館へお申し込みください。(8月7日必着)

佐賀市星空学習館http://saga-hoshizora.fem.jp/

 

【大人のための天文教室~春編~】

平日夜の貸切天文台。

夏季のテーマは「望遠鏡と双眼鏡の歴史」と「火星の準大接近」です。晴れた夜には天文台で星を見ます。この期間中の天体観察は、夏の星座,星雲星団,重星を中心に行います。初心者の方も楽しめる内容です。

日時:7~9月の第二第四水曜日 19:00~21:00 (7/8、7/22、8/26、9/9、9/23)

場所:佐賀市星空学習館

募集:高校生以上 20人(要申込)

参加費:各回1000円(別途テキスト代1628円)

 

8月の星空

今年の夏は南の空で、特に明るく輝いて見える星が木星です。木星の東側には、土星も明るく見えています。望遠鏡では、木星の縞模様とガリレオの4つの衛星を観察しましょう。土星は環のある姿を楽しめます。

 頭の上近くには、明るい星3つを結んでできる夏の大三角が見つかります。こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。ベガはおりひめ星、アルタイルはひこ星で、2つの星の間には天の川がぼんやりと帯状の雲のように見えます。月明かりのない夜、空の暗い場所で見ることができます。

今年の夏は、へびつかい座とへび座を探してみませんか? へびつかい座は、ギリシア神話の名医アスクレピオスがモデルです。へびは、健康のシンボルと考えられていました。ふだんはあまり注目されることの少ない星座ですが、さそり座の上の空を探してみましょう。8月は南の空高く観察できます。

8月12日を中心として、ペルセウス座流星群が活動し、流れ星をたくさん見るチャンスです。今年は下弦の月明かりがありますが、13日の未明には、一時間あたり30~40個の流れ星を見られるでしょう。

2020年8月星図へびつかい入

ぜひ探してほしい星たち

木星

太陽系最大の惑星です。へびつかい座の足もと付近でひときわ明るく輝いています。望遠鏡では、表面の縞模様や、木星の衛星も見ることができます。

土星

リングのある惑星です。肉眼では1等星ほどの明るさで輝いて見えます。

ベガ

こと座の一等星で、夏の大三角の1つです。北東の空で白く、明るく輝きます。

夏の大三角

こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブでできる三角形です。

 

8月の天文現象とこよみ

1~7日

スターウイーク

星を見る週間です。今年の標語は「100点満天の夏休み」。

4日

満月

月の明るい夜です。

7日

立秋(りっしゅう)

二十四節気の一つで「朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ頃」とされます。

10日

山の日

国民の祝日です。

12日

ペルセウス座流星群がピーク

三大流星群のひとつです。今年は、下弦の月明かりがありますが、まずまずの好条件です

下弦の月

夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。

13日

金星が西方最大離角

明け方の空で、明けの明星(金星)がひときわ高く輝きます。

19日

新月

月明かりのない夜です。

23日

処暑(しょしょ)

二十四節気の一つで、「暑さが和らぐころ」です。

25日

旧暦 七夕

伝統的七夕の日です。

26日

上弦の月

日没の頃、南の空で半月が輝きます。

 

惑星

・ 水星は、月初は日出前の東の低空に観察できますが、8月18日には外合となり観察不適です。明るさは-0.9~-0.7等です。

・ 金星は、8月13日に西方最大離角となり、明けの明星として明け方の東の空で観察の好期です。明るさは-4.5~-4.3等です。

・ 火星は深夜に東の地平線から昇り、明け方まで観察できます。10月の準大接近を控えて輝きを増しています。明るさは-1.1~-1.8等級です。

・ 木星は7月に衝となったばかりで、引き続き観察の好期です。明るさは-2.6~-2.4等級です。

・ 土星も7月21日に衝となったばかりで、引き続き観察好期です。明るさは0.1~0.3等級です。

さそり座からいて座の銀河-佐伯さそり座からいて座の銀河

木星2018-3-27松下トリミング

木星

詳しい情報に関しては佐賀市星空学習館へ

TEL(0952-25-6320)、 FAX(0952‐37‐5747)

e-mail:hac@saga-hoshizora.com HP(http://saga-hoshizora.com/)

指定管理者 :(一社)佐賀天文協会 http://www.sagaten..org/

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課 総務企画係
〒840-0831 佐賀市松原二丁目2番27号 佐賀バルーンミュージアム3階
電話:0952-40-7365 ファックス:0952-24-2332
メールアイコン このページの担当にメールを送る