佐賀城下ひなまつり

更新:2018年01月19日

ひなまつり

佐賀に春の訪れを告げる“佐賀城下ひなまつり”、今年で18回目を迎えます。
佐賀のまちなかのあちらこちらで多彩なお雛さまがみなさんをお出迎えします。生花でつくられた色とりどりのお雛さまやみなさんから贈られたお雛さまがひなまつり会場や通りを彩り、さまざまなお雛さまに出会えます。
鍋島家伝来の格調高いお雛さまや鍋島小紋をまとった愛らしいお雛さま、伝統工芸手織り佐賀錦をまとったきらびやかなお雛さまなど、佐賀ならではのお雛さまもお楽しみいただけます。
お気に入りのおひなさまを見つけに、佐賀城下に足を運んでみませんか?

公式ホームページはこちら

 

3月18日(日)はさが桜マラソンが開催されます。

交通規制がかかりますので、ご来場の際にはご注意ください。

交通規制の詳細については、さが桜マラソンホームページをご覧ください。

 

開催期間

平成30年2月11日(日)から3月31日(土)まで

開催時間

午前10時~午後5時(通常の開館時間と異なります。)

主な会場

佐賀市歴史民俗館、徴古館他
※この他にもさまざまな場所で佐賀城下ひなまつりをお楽しみいただけます。

入場料

共通入場券(前売) 550円 歴史民俗館・徴古館に入場できます。
(1月16日~2月10日まで販売)
共通入場券(当日) 600円 歴史民俗館・徴古館に入場できます。
徴古館券 300円 徴古館に入場できます。
歴史民俗館券 400円 歴史民俗館に入場できます。
※小学生以下、入場無料

入場券販売箇所

佐賀歴史民俗館、徴古館、佐賀市役所(観光振興課)、佐賀市観光協会、佐賀市観光案内所(JR佐賀駅構内)

会場マップ

会場マップ

会場マップ(PDF720kb)

ゆっくり見て周ると所要時間は約2時間です。

その他にも期間中街中では、ギャラリーやイベントなどさまざまなみどころがあります。この機会にぜひ、佐賀市内を散策してみてください。

徴古館 鍋島家の雛祭り
旧古賀家 鍋島小紋のひなまつり、リアル弘道館(肥前さが幕末維新博覧会※2月11日プレオープン
佐賀錦のひなまつり
旧三省銀行 葉隠みらい館(肥前さが幕末維新博覧会※2月11日からプレオープン
旧古賀銀行   鍋島緞通で飾るひなまつり、今泉今右衛門「殿皿、姫皿」、十二単と束帯の展示
旧森永家   和紅茶専門店紅葉~くれは~、織ものがたり
旧久富家   ものづくりカフェこねくり家、ハレノヒ(フォトスタジオ)など
肥前通仙亭   売茶翁おもてなし和風カフェ
野中烏犀圓    
南里邸    
開運さが
恵比須ステーション
   

佐賀バルーン

ミュージアム

 

~明治維新150年事業~肥前佐賀の菓子文化展

※菓子職人たちによる製作実演(土日祝のみ)を行います。

大隈重信記念館  

特別企画展『幕末維新期の大隈重信-佐賀から長崎、そして明治政府へ-』

※大隈記念館 入館料 300円

※◯印はチケットが必要な箇所です。
(その他はチケットがなくてもご入場できます)

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード