Language

文字の大きさ

背景色

佐賀市長からのメッセージ

更新:2021年08月 4日

  1610427564348

佐賀市長 秀島 敏行 プロフィール

 

昨年は、新型コロナウイルスに振り回されました。

改めて佐賀県をはじめとする関係機関並びに医療・福祉関係者の皆様のご尽力に対して深く感謝を申し上げます。

この新型コロナのために、いろんな大会が開催中止となり、ご家庭はもちろんのこと経済界も大きな影響を受けました。
経済界からは、まず、宿泊・飲食業界から救済策を求められ、その後すぐに経済界全体に広がりを見せました。佐賀市でもこれまで3次にわたる経済対策を実施しましたが、十分でなかった分野があったことをお許しください。
また、コロナ禍の影響は災害時の避難行動にまで及びました。「超大型」と特別の注意を促された昨年秋の台風では、佐賀市内の避難者も5千人を超えるという大規模なものとなりました。それに加えてコロナ対策も必要となり、避難所運営部門では大慌てさせられましたが、市民の皆様の協力と職員の頑張りで何とか凌ぐことができました。

また、念願の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種については、今年2月下旬には接種できるよう準備をするということです。
このワクチンの接種方法は「集団接種」となりそうですので医師会のご協力とあわせて、市民の皆様の「一歩待つ」という、心のゆとりをお願いすることになると思います。もちろん、市としても最大限の努力をいたしますが、市民の皆様にはご協力をお願いいたします。

 

さて、今年の佐賀市の重点的な取り組みを申し上げます。

今年は次の3本の柱で仕事をし、市民の皆様に「暮らしやすさ」を提供していきたいと思っています。
1つ目の柱は「安全・安心」、2つ目の柱は「経済の活性化」、3つ目の柱は「子育て・教育・スポーツ」です。

まずは「安全・安心」です。
コロナ対策には万全を尽くさねばなりません。医師会などの関係団体とも十分連携を取り対応していきます。
市民の安全を守るものには大雨など自然災害への対応もあります。最近の雨の降り方は局地化・激甚化しています。それに対応するためにはこれまで以上に事前排水の強化に努めます。

次に「経済の活性化」です。
まもなく竣工予定の「佐賀大和インターチェンジ工業団地」への企業誘致に努めます。昨年から問い合わせ等があっており、誘致に向けて協議を重ねます。
また、佐賀駅周辺整備事業として、駅の北口広場に続き、南口広場の整備に着手するとともに、SAGAサンライズパーク方面への道路改良工事を引き続き進めます。

次に「子育て・教育・スポーツ」です。
いよいよ小・中学校子どもたちには、学校での学習用パソコンが一人一台の時代になりました。ハード面の整備は8月末には完了予定であり、併せて指導体制の充実を図ります。
また、新型コロナウイルスの影響により、市民の皆様にはストレスや不安など鬱積するものが増えていると思います。これらを取り除くためにはスポーツ文化は欠かせません。スポーツを自分でするのもよし、見て楽しむのも良いものですが、我々に感動と生きる喜びを与えてくれるプロスポーツにあっては、残念ながら昨年来のコロナ禍により、経営状況がかなり厳しくなっています。
こうしたプロスポーツの窮状に手を差し伸べるべく、県内の経済団体では、いち早く支援方針を打ち出されました。本当に心強いものがありました。我々行政も一緒になって支援できればと考えています。

 

最後に明るい話題を一つ。

昨年秋には東与賀に「ひがさす」がオープンしました。東与賀干潟がラムサール登録されて5年となる記念の年でのオープンでした。
今年の秋は、川副町に世界遺産の三重津海軍所跡にガイダンス施設が完成します。
諸富の筑後川昇開橋、東与賀の「ひがさす」、これに川副町の「世界遺産三重津ガイダンス施設」が加わることで、市南部の観光も厚みを増すことになります。ご期待ください。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課 秘書係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7020 ファックス:0952-24-3463
メールアイコン このページの担当にメールを送る