Language

文字の大きさ

背景色

令和2年度 佐賀市自然環境懇話会の報告

更新:2021年04月 6日

会議の名称

 佐賀市自然環境懇話会

開催日時

 令和3年2月8日(月) 13:55から15:20

開催場所

 東よか干潟ビジターセンターひがさす レクチャールーム

出席者

佐賀市自然環境懇話会委員

 上赤博文(座長)、八木ひとみ、徳田誠、喜多章仁

事務局

 宮崎圭子、溝口貴宏、小柳悠加、瀬戸真一郎

議題

 1. 公共工事に伴う環境調査の実施状況について

 2. 佐賀市の持続可能かつ効果的な実態把握とその利活用について

会議の公開又は非公開の別

 非公開

非公開の理由

 希少動植物の分布に関する情報の公開は、かえって当該生物の乱獲等を招きかねず、佐賀市情報公開条例第6条第1項第6号に該当するため。

発言の内容

 ・市域を対象とした自然環境調査(以下、「調査」という。)の必要性は、委員の全員が必要と感じている。

 ・2000年代以降、世界的にも生き物は減少し続けており、手遅れになる前に地域の生き物の状況を調べておくことは意義がある。

 ・植物について、前回の調査(注:平成18年度を最後に実施していない)以降で様々なことが分かってきており、以前と情報が変わっているため、もう一回まとめ直しをした方が良い。

 ・トンボはこの15年で激減しており今が最悪の状態。これから回復するかもしれないが、今最悪な状態を把握しておくことが重要。

 ・植物や昆虫等、自然環境に関する専門的活動を行う地元の各種団体(以下、「団体」という。)に協力してもらう方法で、調査に係わるコストを削減できるのではないか。

 ・現在、団体の多くは会員が高齢化しており、調査をできる人は年々減少している状況であるため、今のうちに団体の会員から知識や情報等を集めることは重要。

 ・佐賀市が平成元年に整備した神野公園トンボ池は、国際社会に先駆けて生物多様性の重要性を発信した出来事として価値があり、積極的にPRすべき。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 自然環境係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7202 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る