Language

文字の大きさ

背景色

【お願い】新型コロナウイルス感染症拡大防止の影響に伴う布類(古着・古布)の排出について

更新:2020年07月 2日

布類(古着や古布)の排出をできるだけ控えてください。

資源物として収集した布類(古着や古布)の大半は、国外で再利用されていますが、各国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための移動制限措置が取られるなどの影響を受け、現在、国内外で多くの中古衣類が一時的に滞留しています。

佐賀市においても、取り引きをしている古布業者の保管場所に多く滞留したままの状況が続いております。

現時点では、布類の収集停止には至りませんが、この状況が長期化し、保管場所にストック出来なくなった場合は収集を停止せざるを得ない事態となることも想定されます。

収集を継続できるよう、市民のみなさんにおかれましては、しばらくの間、ごみステーションへの「布類」の排出をできるだけ控えご家庭で保管して頂きますようお願いいたします。

衣替えのシーズンでもあり、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。

状況が変わり次第、市ホームページでお知らせします。

04 【循環課】別添STAYHOMEイラスト

着なくなった洋服のリユース(再利用)方法

  • 人に譲る

子どもの成長とともにサイズアウトしてしまった洋服、大切にしすぎてほとんど出番がなかった洋服などは、必要としている人に譲って着てもらうのが一番簡単なリユースです。

図1

  • 手芸用としてリメイク

サイズアウトしたり、時の流れで着られなくなったお気に入りの洋服、特に色柄がキレイな物は手芸用として活用できます。

家にいる時間も多いこの時期、手作りマスクなどに活用してみても良いですね。

お気に入りの服がまた違う形で現役復帰してくれるのは、とても嬉しいです。

mask-handmade

  • フリーマーケットなどの活用

佐賀市エコプラザでは、毎月第3日曜日にエコマーケットを開催しています。

安心して外出できるようになったら、親子で出店してみるのも楽しいですね。

出店を希望される時は、事前予約が必要です。詳しくはエコプラザホームページをご覧ください。

佐賀市エコプラザ

shopping_bazzar_fleamarket_woman

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

環境部 循環型社会推進課 3R推進係
〒849-0917 佐賀市高木瀬町大字長瀬2369 佐賀市清掃工場
電話:0952-30-2430 ファックス:0952-30-2494
メールアイコン このページの担当にメールを送る