Language

文字の大きさ

背景色

平成23年度職員提案における優秀提案の選考について

更新:2016年03月30日

平成23年度の優秀提案決定

職員提案制度は、本市の市政に関する改善について、職員の創意工夫による提案を奨励し、広く職員から提案を求めることにより、事務能率および職員の政策形成能力の向上を図り、もって市政の発展に寄与しようとするものです。

提案種類

職務改善提案

職務に関する提案であって、管理、監督職以外の職員(主幹、主査を含む)が提案できます。

自由提案

職務外の提案であって、すべての一般職員が提案できます。

平成23年度は、上記とは別に特定の項目として次の5項目について募集しました。

『佐賀市への集客について
  ~九州新幹線・佐賀博多間特急増便~』
『街なかの賑わいづくりについて
  ~空き店舗の活用~』
『子育て支援について
  ~地域での支援体制について~』
『市民サービスの向上について
  ~ICTを活用した市民サービスに向けて~』
『市で取り組む収入増加策について
  ~新たな歳入の増収策(広告料など)~』

平成23年度は、11月21日(月)に審査委員会を開催し、優秀賞1件・佳良賞4件の優秀提案が選考されました。

平成23年度優秀提案

項目 内容
提案受理件数 32件
提案者数 29組の個人またはグループ
優秀提案 〔優秀賞〕1件
  • 新工業団地より発生する表土の利活用および収入について

〔佳良賞〕4件

  • 固定資産税の税収アッププロジェクト
  • 企業局等の職員の研修参加について
  • 人材育成における「メンター制度」の導入
  • 研修報告発表会の開催
  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ



電話:
メールアイコン このページの担当にメールを送る