Language

文字の大きさ

背景色

シチメンソウの状況とシチメンソウ環境保全協力金について

更新:2020年01月15日

シチメンソウは、アカザ科の一年草。干潮時には陸地となり、満潮時には海水に浸るような環境に生育し、絶滅が危惧されている貴重な塩生植物です。 生長の過程で色の変化がみられ、晩秋に鮮やかな紅紫色となり、東与賀海岸を真っ赤に染め上げます。しかし、一昨年の10月に原因不明の立ち枯れにより、種まきや移植作業を行ったものの生育は厳しい状況にありますが、再生を願って保全活動に取り組んでいます。

1月13日のシチメンソウ

・昨年12月18日にまいたシチメンソウが発芽しました。高さ2~3センチメートル内外で、小さな双葉が目立ってきました。また、シチメンソウ群生地の海側には、多くの野鳥が飛来しています。

 2.1.13 シチメンソウの芽  2.1.13 野鳥飛来

ボランティアによるシチメンソウの種まき

 ・12月18日、シチメンソウを育てる会やシチメンソウまつり運営委員をはじめ、東与賀まちづくり協議会、東よか干潟ボランティアガイドなどたくさんの方にご参加いただき、約2,500平方メートルにシチメンソウの種をまきました。これからシチメンソウが順調に生育し、晩秋に紅く色づくことを願います。

 1.12.18 シチメンソウの種まき1  1.12.18 シチメンソウの種まき2 

令和元年度も多くのみなさんのご理解、ご協力をいただきありがとうございます。本年度の収支決算は、後日報告させていただきます。

                                                              平成30年度

                                      シチメンソウ環境保全協力金収支決算報告

収入                                                                                          (単位:円)

区分 金 額
前年度からの繰越金

167,506

平成30年度シチメンソウまつり(11/3・11/4)での協力金

124,709

まつり期間以外での協力金 18,149
預金利息 1

310,365

支出                                                                                          (単位:円)

区分 金 額
ホーク等(清掃用) 16,350
ザル等(種取り・種まき用) 6,550
ゴンドラ付ユニック車借上料 32,400
学識経験者謝金(シチメンソウ生育状況に関する意見交換会) 33,780
89,080

収入支出差し引き額

221,285

(翌年度へ繰越)

このページに関するお問い合わせ

市長事務部局 東与賀支所 総務・地域振興グループ
〒840-2221 佐賀市東与賀町大字下古賀1193番地
電話:0952-45-1021 ファックス:0952-45-8023
メールアイコン このページの担当にメールを送る