Language

文字の大きさ

背景色

週末の佐賀市立小学校のグラウンドを一般開放しています

更新:2019年11月 8日

週末の小学校のグラウンドを一般開放します

佐賀市教育委員会では、平成16年5月から佐賀市立小学校のグラウンド等を子供たちの自由な遊び場、親子や地域の活動の場所として一般開放していますのでご利用ください。

各小学校の一般開放内容についてはここをクリックしてください(PDF54KB)

1.実施内容

子供たちの居場所(自由な遊び場)を確保し、親子や地域でのふれあいの場として誰でも利用できるように、佐賀市立小学校の屋外遊具施設およびグラウンドを一般開放する。

開放日時は、原則として毎週土曜日または日曜日のいずれかの日の全日(午前9時から午後5時まで)のうち、小学校単位で指定する。

ただし、学校行事、公的行事および地域行事を優先するものとする。

一般開放時にグループや団体等でグラウンドを使用する場合は、自らの使用責任において、他の一般利用者の安全が図られる範囲の使用にとどめ、一般開放の趣旨を尊重し、譲り合いの気持ちを持って個人利用者のスペースを確保することとする。

一般利用者が使用するスペースおよび社会体育活動で使用するスペース、その他詳細な取り決めについては、各小学校単位で決定するものとする。

2.利用にあたって

今回の一般開放は、管理者を配置せず、公園のような自由な開放をするものであり、一般開放時に事故があった場合は、学校施設の欠陥による事故を除き、基本的には、利用者の自己責任とする。

3.事業の趣旨、目的

佐賀市立小学校の施設を市民のスポーツ活動の場として活用していることに加え、子供たちの自由な遊び場、親子や地域の活動の場所として誰でも利用できるようにし、学校施設を有効活用することによって、子供の健全な育成の推進と、健康で明るく豊かな市民生活の形成に資することを目的とする。

4.背景

「第7次佐賀市交通安全計画」(平成13年7月策定)において、路上遊戯等による交通事故をなくすために学校のグラウンド等を遊び場として開放することを提案。

平成14年4月より、学校・家庭・地域社会における子供の生活全体を見直し、子供たちが主体的に使う時間を確保し、子供の生活にゆとりをもたせ、自ら考え、判断し、行動できる力を育み、健やかな成長を促すことを目的として、毎週土曜日を休みとする「学校完全週五日制」を実施。

「佐賀市生活安全推進連絡会議」(平成15年2月)において、子ども会、PTA、青少年健全育成連合会からも、土曜日の学校のグラウンド開放の要望を受ける。

子供たちが安心して遊べる場所(広場)がないという状況であったため、最も身近で安全な公共施設である「学校」を地域の全ての子供たちが利用できる場所として、平成15年9月から佐賀市立小学校のグラウンド等の一般開放の試行を開始。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 施設係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階
電話:0952-40-7353 ファックス:0952-40-7394
メールアイコン このページの担当にメールを送る