よくある質問(FAQ)

Q:災害が発生するなどの緊急時に、家庭の電話も携帯電話も通じない場合はどうやって救助を求めればいいのですか?

A:頼りになるのは隣近所や地域です

頼りになるのは隣近所や地域です。
普段から地域の防災への取り組みやコミュニティが大変重要です。
阪神淡路大震災では、生き埋めや建物等に閉じ込められた人のうち救助された約95%は、自力でまたは家族や隣人から救助され、専門の救助隊に助けられたのは、わずか1.7%に止まっています。
このことからも、消防や役所等の公的機関が発災直後に多数の被災者に対し迅速に対応することは非常に困難であると考えられます。

このページに関するお問い合わせ

市長事務部局 総務部 消防防災課
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7013 ファックス:0952-24-3187
このページの担当にメールを送る