WRSB

国内外における佐賀市の認知度アップを目的として、プロモーションムービー「W・R・S・B」を制作し、同時に特設サイトを開設しました。これまでにないユニークで斬新な切り口で佐賀市をPRしています。

プロモーション概要

タイトル

W・R・S・B

プロモーションムービー

W・R・S・Bロゴ非常事態宣言を受けて封鎖される有明海のテレビ中継干潟よか公園で謎の骨を見つけるカップルと非常事態宣言に驚く市長

  • 目的:佐賀市の認知向上と観光誘致。佐賀市の魅力のひとつである有明海と、そこに生息するめずらしい生き物「ワラスボ」をテーマとしたインパクトのあるムービーを制作し、国内外の多くの方に見ていただき、ワラスボの棲む有明海に興味を持った方に、実際に佐賀市を訪れてもらいたい。
  • 再生時間:2分27秒
  • 放映場所:特設サイト、YouTube、九州佐賀国際空港、橋の駅ドロンパ、ほか観光商業PRイベントなど
  • URL:http://youtu.be/r6EpktKvUg4

あらすじ

佐賀市に旅行にきたカップルは干潟よか公園で、この世の物とは思えない不思議な骨を見つける。

この驚愕のニュースは日本中を駆け巡り、干潟は封鎖されパニック状態になる。

その生き物は未知の生物なのか?地球外生命体なのか?

制作者・出演者

制作は世界の広告祭で受賞経験を持つ有名なクリエイターが担当し、カメラマンや出演者のほとんどは佐賀市の方々です。
※プロフィールはプロモーションムービー公開当時(2015年)の情報です。

  • 制作総指揮:三寺 雅人
    ジオメトリー・グローバル・ジャパン合同会社ヘッド・オブ・クリエイティブ。
    2009年に夕張市復興キャンペーン「夕張夫妻」を企画・実施し、カンヌ国際広告祭で日本初となるプロモ部門グランプリを獲得。カンヌ国際広告祭プロモ&アクティベーション部門、アジア広告祭プレス&ポスター部門、スパイクスアジアPR部門など数々の国際審査員を務める。
  • 監督:有馬 研吾
    電通プロックスを経て、2002年独立。
    独立以来TVCMを中心とした映像制作の第一線で活躍し続けている。2014年の主な作品はDMM.com証券、森永ココア、アサヒ飲料なないろウォーター、SANYO、かんぽ生命など。アジア広告祭ブロンズ、TIMESアジア広告祭ゴールド、ACC賞金賞、広告電通賞金賞など、国内外の広告賞を多数受賞。
  • 撮影:下津 優太
    1990年生まれ。佐賀大学在学中。
    大学入学後、映像制作を始め、学生国際ショートムービー映画祭「監督賞」、北信濃小布施映画祭 「特別賞」、サガテレビCMコンテスト「グランプリ」を受賞。2013年の佐賀市映画「ライウマ」では監督を務め、福岡インディペンデント映画祭で「美術賞」「奨励賞」を受賞した。
  • コーディネーター:中島 頌一郎
    1988年生まれ。SAGAN PRO.代表。
    タレント育成、イベント・映像の企画、制作の傍ら、個人でもタレント、俳優として県内外で活躍中。

     
  • リポーター役:青木 理奈
    ・フェイスブック https://www.facebook.com/aokirina01
    ・ツイッター https://twitter.com/rinbo427427
  • 謎の女の子:ピンキースカイ
    佐賀のご当地アイドルとして2013年4月結成。 佐賀から元気に!!をモットーに、ライブ、イベント、メディア中心に県内外で活躍中。
    ・フェイスブック https://www.facebook.com/pinkysky.saganpro/
    ・ツイッター https://twitter.com/pinkysky_saga
  • 町の人々(弟):トミー富岡
    公式サイト https://tommy-tomioka-saga.jimdo.com/
  • JAI職員(女性):華月祥
    公式サイト https://sho-kazuki.jimdo.com/

公開日

2015年1月30日

特設サイト

URL:http://www.saga-city.jp/wrsb/

コンテンツ

  1. ムービー、あらすじ、登場人物
  2. 「生」ワラスボの生態について
  3. 「漁」ワラスボ漁について
  4. 「食」ワラスボの食べ方や食べられるお店の紹介
  5. 「護」有明海を護る活動について

広告賞の受賞について

トロフィー 「W・R・S・B」は各方面より高く評価され、広告賞を複数受賞しています。

詳しくはこちら

コラボレーション商品について

WRSBソックス 各種メディアでの大反響を受け、「W・R・S・B」のロゴを使用したグッズや、ワラスボを題材としたグッズが続々と発売されました。

詳しくはこちら

課題研究「ワラスボを使って佐賀を有名にしよう」

ワラスボ料理 佐賀県立小城高校の生徒が「W・R・S・B」から着想を得て課題研究を行われました。

実際にワラスボ漁も経験しながらワラスボを使った料理を制作し、「ワラスボを食べたことのある人がそのおいしさを世に広め、ワラスボの認知度を高めていく事が大切」とまとめられました。

(写真:左下から時計回りに、五目炊き込みご飯、甘辛焼き、クッキー、かきたま汁)